なっくすブログ

Twitterやってるんでフォローして下さい。 @gamenituite

よく分からないけど強いて言うならシャドウバースの話し

仕送りで何か服送ってって親に頼んだら、ガンダムのTシャツが送られて来ました。

正面にガンダムの絵柄がドカドカと書いてあるかっくぅいいTシャツです。

ちなみに僕はガンダムエヴァンゲリオンの違いが未だに理解できていません。

よく分からないけど、僕はオメガモンっていうガンダムが好きです。

 

 

画面の向こうの皆様おはようございます。

 

なっくすです。

 

今朝シャドウバースというゲームでランクマッチをしているとこんな場面に遭遇しました。

 

f:id:gamenituite:20170519141814p:image

 

 

僕も最初は信じられませんでした。

 

いつもと同じように最初に配られる3枚の規則性のないカード。

数あるカードの中から必死に試行錯誤をし組み合わせるイマジネーション。

そして誕生する世界に1つだけのマイフェイバリット。

 

それはまるで己の分身でもあり戦友でもある。

数々の死闘を共に乗り越えて来た友。

 

互いの事は全てわかり尽くしている。

 

好きな食べ物。

嫌いな食べ物。

好きなテレビ。

性癖。

週に何回シコッたか。

エロ本の隠し場所。

 

昨日彼がFC2にログインしていた事だって知っている。

 

Twitterの検索履歴で30秒アダルト動画が残っているのも知っている。

 

 

僕たちは2人で1つ。

 

そんな僕のマイフェイバリットdeck☆に入っているカードも当然ながら全て把握しているので、相手に応じて必要なカードをマリガンで探す。

 

今回の場合は相手がドラゴンだから託宣、アイラ等のPPブーストが出来るカードを探せばいいと思う。

 

そしてデッキをシャッフルアンドドロー。

 

 

幸運にもマリガンは見事に成功し、託宣、竜巫女等のいわゆるPPブースト系統のカード。

 

例えるならマリオカートのキノコ🍄

 

それらのカードを手札に加える事が出来た。

 

そして少しでも勝負において有利な試合展開を運べる様に相手が何枚手札をマリガンしたかを確認する。

 

2枚。

 

相手も託宣かアイラを初手で引けていたのだろう。

 きっとその残った1枚が託宣かアイラだ。

 

ふっふっふ、ここまではお互い互角の様だな。

しかしおらも負けねぇぞ〜!!!

何てったって託宣が手札にあるんだからよぉ〜!!!

 

 

さぁ舞台は整った。

 

 

熱いバトルをしようぜと言わんばかりの勢いの入ったゲームスタートの画面。

 

そしてまるでガンジーが助走をつけて核兵器のボタンを押すかの様なレベルの勢いで画面をタッチ!!

 

 

 

ゲームスタート!!!

 

私が取ったのは後攻。

 

今のシャドウバースは先行ゲーと呼ばれるくらい先行が有利。

 

だってそりゃ先行を取るだけで無料で託宣が撃てるんでしょ?

 

この時点で私は不利だと言えるだろう。

 

しかし、私は全神経をまるで写輪眼を開眼するかの如く眼球に集め、相手の動きを観察する。

 

何だ?何をするんだ?

 

アイボリーか?ドラゴンの卵か?それともエンジェルスナイプか?

 

 

………

 

 

ボボボボボボボボボボボーーーン!!!

 

 

 

???

 

 

 

私は正直自分の目を疑った。

 

相手が突然お前に負けるならなんくるないさ〜みたいなよく分からない言語を発した後に急に爆発をしたのだ。

 

何故だ⁉︎

 

どうしてだ⁉︎

 

私の頭の中を光の速さで何かが走り回る。

 

一体何が起きたんだ…

 

何も分からない。

 

ここで1回今起きた出来事を整理してみよう。

 

マイフェイバリットdeck☆イズセット。

ゲームスタート!!!

jhdt〆○6vgdmt5(謎の爆発音)

 

Why???

 

 

自分でも何を言っているか分からない。

 

 

一体何がおかしかったのか?

 

私が何かしたとでも言うのか?

 

何だ?私が悪いのか?

 

近くのスーパーの試食コーナーで1日に2回オレンジを食べたからなのか?

 

ご飯にふりかけを2回分かけたからなのか?

 

もしかしてうまい棒よりハーゲンダッツの方が美味しいと言うことを世間に公開してしまったからなのか?

 

それともポッキーをシェアせずに1人で食べたからなのかぁぁぁぁあ⁉︎⁉︎⁉︎

 

 

 もしかしてなのだが、これは遠回しに私の事をdisっているのでは無いのだろうか?

 

私が弱過ぎて勝負に値しないから自ら爆発をしたのでは無いか…?

 

なるほど、それならこの名探偵コナン君でも解けないだろう前代未聞のミステリー、地上波で放送するなら恐らく3週間分ぐらいかけて放送されるであろう大ボリューミーな謎にも納得が出来る。

 

全てが繋がった。

 

金田一少年もびっくりの速さで謎が解けた。

光ネットもびっくりの速さだ。

 

 

 

 

 

なるほどな…

 

そうか…私が弱いゆえの爆発だったのか。

 

 

 

 

 

 

 何でだろう…?

途端に何だか腹が立って来た。

 

 

 

どうして私は全く見ず知らずの相手、今後一生出会うこともないだろう奴にこれ程までに弱者扱いをされなければいけないのか。

 

 

 悔しい、悔しい、悔しすぎる。

 

 

まだ1ミリもゲームをしていないのに、まだマリガンをしただけなのに悔しい。

 

 

かつてこれ程までに屈辱を味わった事があっただろうか?

 

 

小学生の頃プールから帰って来たら友達にパンツを隠されてた時よりも悔しい…

 

 

 

何なんだ奴は。

 

 

 

まだほんの1コンマも意思疎通をしていないにも関わらずこれ程までの屈辱を私に与えて来た。

 

 

 

一体奴は何者なんだ。

 

 

 

 

一体どんな彼はどんなエヴァに乗っているのか。

 

 

 

初号機か?初号機なのか?

一体お前は何号機に乗っているんだぁぁぁぁあ???

 

 

恐らく奴は未来の火星から来たバグズ手術を受けた宇宙人か何かなのだろう。

 

 

ならばしょうがない。

 

 

歯磨き粉を最後まで丁寧に使う事ができる程度の特技しか持たない一般ピーポーの私では到底及ばないだろう。

 

 

 

勝てるはずもなかったのだ。

 

 

もう今日は疲れた。

 

 

 

ベッドの上の教科書棚の数学とミクロ経済学の教科書の間に挟んであるエッチな教科書でも読んでゆっくり休もう。

 

 

 

 

あっ、そういえば最近旅ガエルのプレミア3枚揃いました。

おめありです。

f:id:gamenituite:20170520005718p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネクロマンサーとかいう現環境最弱クラス

1人暮らしを始めてから、お金と性欲が無くなりました。

 

こんにちは、なっくすです。

 

お久しぶりです。

 

どれくらいお久しぶりかと言うと多分、3年ぶりぐらいにあった中学の頃の友達の「お久しぶりぶりぶりブラジャー!」って言うあいさつぐらいお久しぶりです。

 

 

今回は僕がシャドウバースをするにあたってネクロマンサーに感じている事についてのお話です。

 

f:id:gamenituite:20170416002934p:image

 

シャドウバースの新パックである「神々の騒嵐」が追加されてから、数日が経ちました。

 

皆さん、どうでしょうか?

 

シャドウバースやられてますか?

 

 

色々なデッキタイプが新たに色々生み出されました。

 

旅ガエルロイヤル、疾走ヴァンパイア、超越ジンジャー、白狼異形エレメンタルドラゴン。

 

その中でも特に今光を浴びているクラスがあります。

 

そうです。

 

 

ネクロマンサーです。

 

 

現環境最強と言っても過言ではないクラス。

 

 

倒しても倒しても溢れ出てくるスケルトン。

 

 

まるでマグマ団の下っぱみたいです。

 

 

そして、僕は思いました。

 

 

本当にネクロマンサーは最強なのか?

 

 

 果たしてマグマ団のボスは一体何ブサなのか?

 f:id:gamenituite:20170416003131j:image

 

周りが強いと言っているからただ自分もネクロマンサーが強いと言っているだけではないのか?

 

 

本当にそこに自分の意思はあるのか?

大事なのは己の心なのでは無いのか?

 

 

小さい頃周りが買ったが為だけに1ミリも興味が無いけん玉をなけなしのお小遣いで買わされたアレでは無いのか?

 

 

今回は、今ネクロマンサーにおいて注目されているカード達を誰に頼まれた訳でも誰が得をする訳でもなく、ただの無名クソザコうんちプレイヤーである僕が評価をしていこうじゃ無いか、というアベノミクスもビックリの無駄ブログです。

 

 

 

 

【ネクロマンサー考察編】

 

時間は有限。

タイムイズマネー。

好きな食べ物はカレー。

おじょじょじょぴょろぴょろぴろぺろぱー。

 

 

さて、早速本題に入っていきましょう。

 

神々の騒嵐が追加されてから特に活躍をしているネクロマンサーのカードは以下の3枚だと思います。

 

 

⚪︎骨の貴公子

f:id:gamenituite:20170415171542p:image

 

 

 

 

⚪︎破魂の少女

f:id:gamenituite:20170415171806p:image

 

 

 

 

⚪︎魔将軍ヘクター

f:id:gamenituite:20170415171821p:image

 

 

 

 

これらのカードは本当に強いのか?

 

 

一つ一つしっかりとした理由を考えながら、本当に強いのかどうか考察をしていきたいと思います。

 

 

 

 

◯骨の貴公子

f:id:gamenituite:20170415171909p:image

 

3/1/1 登場時、自分のフォロワー全てにラストワード「スケルトン1体を出す」効果を与える

 

 

何ですか?この低スタッツは?

 

まるで現代の若者を象徴するかの様なもやし体系。

 

風が吹けば屋根まで飛ぶ様なスタッツ。

 

オマケで味方全体にラストワードを付与させるとか書いてありますが、そんなのジャポニカ学習帳に付いてくる名前シール程度のオマケ。

 

な〜にが貴公子だ。

10回クイズで貴公子って10回言わせて最後らへんシコシコシコってなってるのを聞いて楽しんでんじゃねーぞ。

 

 

己の拳、チカラとチカラで殴り合っている現環境においてこのスタッツは流石に低すぎます。

 

3ターン目にこんな奴を出しているようじゃゲームに絶対勝てません。

 

最早それはゲームとして成り立っているのだろうか。

 

いや、そこに広がっているのはより自分より高いスタッツに殴られるだけのただの "イジメ" です。

 

イジメダメ絶対。

 

 

最後に勝負を決めるのは結局フィジカル。

 

目に見えるチカラが勝負を制す。

 

 

 

3コストを払って体力が1のフォロワーを出す。

これを現実世界に例えると、UFOキャッチャーを35億回してスヌーピーのぬいぐるみを取るようなものです。

 

 

 

貴方はUFOキャッチャーを35億回してスヌーピーのぬいぐるみを取りますか?

 

 

 

 

違う。

 

 

 

 

ミッフィーのぬいぐるみを取るの。

 

 

 

 

 そう、それは骨の貴公子も同じ。

 

 

 

 

貴方は3コストを支払ってわざわざスケルトンを出しますか?

 

 

 

違う。

 

 

 

 

が良い!さぁ!グrrrrrrrrrリィィィィィィィィィムが良い!グrrrrrrrrrリィィィィィィィィィム刻む刻む軍神!グrrrrrrrrrリィィィィィィィィィムニルゥの。

f:id:gamenituite:20170415191526p:image

 

 

 

 

 

◯破魂の少女

f:id:gamenituite:20170415173740p:image

2/2/2 登場時ネクロマンス4で相手の進化後フォロワーを1体破壊する

 

 

実質ただの2コスト2/2フォロワー。

墓地が4枚溜まってなければ相手のフォロワーを倒すことも出来ずに無駄にコストを消費するだけのただのうんち。

 

また、「魂って鮮度が大事〜」とか1回回らない寿司を食べた事あるだけでソムリエ感を出してくる様な奴みたいなセリフを喋る。

 

な〜にが、「初手はたまごが安定でしょ」だよ。

 

寿司くらい好きなものを食べさせてくれよ。

1番初めにうどんを頼んでお腹膨れたとか言うガイジプレイをさせてくれよ。

乗り物に乗って寿司がやってくるのを見たいが為だけに、カッパ巻きを2皿を2回に分けて頼ませてくれよ。

 

 

正直このカードの何が強いのかが分からない。

 

このカードをデッキに入れて何をしたいのか。

 

こんなカードを入れるぐらいならスパルトイなサージェントを入れた方が墓地も溜まってよっぽど強い。

 

 

 まさしくこれぞウィンウィンの関係。

 

 

画面の向こうの皆さん、破魂の少女を入れるぐらいなら、スパルトイなサージェントを入れながらカッパ巻きうどんを食べましょう。

 

 

 

 

◯魔将軍ヘクター

f:id:gamenituite:20170415175336p:image

7/5/6 登場時にネクロマンス3ごとにゾンビを1体出し、その後他のフォロワーの攻撃力をプラス2し、突進の効果を与える。

 

 

確かに先程達のカードと比べたら、まぁレジェンドという事も考慮してか "多少" は強いです。

 

しかし、そんなに画面の向こう側の皆さんがドッタンバッタン大騒ぎする程のフレンズなのでしょうか?

 

登場時に、ゾンビを最大4体出せる。

 

 

そんだけ沢山墓地が溜まっているなら僕はデスタイラントで相手のフェイスに超エキサイティンなシュートを決めます。

 

 

しかも返しのターンには黙示録等の全体除去も余裕で間に合う。

 

 

こんなカードのどこが強いのでしょうか?

 

 

この世に存在するラフテルの場所と同じ様に、僕にはこのカードの強さが1ミリも理解できません。

 

いや、1ミクランも理解できません。

 

もう微粒子レベルで理解できません。

 

クリオネ葉緑素も区別できません。

 

スキマスイッチトータルテンボスの違いが未だに理解できません。

 

ウソップとそげキングの違いが未だに理解できません。

 

 

僕は一体何のために生まれて何のために生きているのか。

 

 

 ヘクターを入れるぐらいなら、僕はスキマスイッチトータルテンボスの違いについて論文を書く方がマシです。

 

ウソップの様に「勇敢なる海の戦士」を目指した方がマシです。

 

今一度本当にヘクターが強いのかどうか考え直して欲しいです。

 

 

 

 

【まとめ】

 

ここまで、多種多様、上下左右、東西南北、様々な方向から「骨の貴公子」「破魂の少女」「魔将軍ヘクター」について "考察" をして来ました。

 

僕は以上の考察の結果、これらの3枚は本当は弱いという結論に至りました。

 

皆さん、本当にこれらのカードは強いのかどうか今一度考え直してください。

 

日頃から女の子の事を舐め回すかの様な目付きで眺められてる皆さんなら、本当の答えが導き出せるはずです。

 

ネクロマンサーは弱いです。

 

 

間違いありません。

 

 

最弱です。

 

 

 このブログの向こう側の皆さんにも共感していただけたら僕は幸いです。

 

それではここまでこんなクソみたいな内容のブログを最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱネクロマンサー最高だわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

f:id:gamenituite:20170416003541j:image

 

 

 

 

 

写真提供  Twitterアカウント @tarakokkko たらこ 様

 

使用率が低いカード

最近シャドウバースのやり過ぎで、軽い痔になりました。

 

こんにちは、なっくすです。

 

いかがお過ごしでしたでしょうか?

お久しぶりです。

 

突然ですが皆さん、シャドウバースをやっていてこんな場面に遭遇された事はないでしょうか?

 

 f:id:gamenituite:20170303195419p:image

 

「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ⁉︎このカード何ぃぃぃぃぁぁぁあmjgdjthdtqdj⁉︎」

 

 

そうです。

 

マイナー過ぎて本来ならば昔からあるはずのカードなのに、普段中々目に入らないせいで、カードを相手にプレイされただけでは効果が分からない。

 

テレビとかで、2世タレントと言われても、1世タレントが分からないがために微塵も面白さが分からないアレです。

 

今回は、そんな普段中々日の目を浴びずにカード一覧の中で埋もれているカード達が、どうすれば日の目を浴びるのか?どうすれば最前線で活躍することが出来るのか?

 

そう言ったことを、誰にとって有益かどうかも分かりませんが、僕の独断と偏見によって勝手に考察をして行きたいと思います。

 

 

 

【使用率が低いカード】

 

では何故使用率が低いのか?

 

それにはいくつかの原因があると僕は考えています。

 

そのいくつかの原因を1つずつ、改善点と共に考えて行きたいと思います。

 

 

 

◯1、能力がうんこ💩

 

やはり最初に誰もが考えるであろう事は、そのカード自身の能力が使いにくいという所だと思います。

 

例えばこのカード。

 

f:id:gamenituite:20170303171512j:image

 

自分の他のフォロワーが倒れる度に攻撃力を➕1する事ができるカード。

 

自分の他のフォロワーが倒れる度に攻撃力が上がって行くので、理論上は実質攻撃力無限なのですが、やはり優秀なカードが多い4コスト帯においてはそれらを差し置いてデッキに入る事は恐らくありません。

 

このカード専用のデッキを作ろうとしても、気付けばモルディガイやネフティスが入り、ギルティクーリエは抜けている。

 

上原亜衣の写真集を見てたら、気付いたら抜いているソレと同じです。

 

この様に、使用率が低いカードには、ファイターの様に単純に、ユニコという上位互換がいるから入らないのでは無く、限定的な使い道しかない、又は応用力が無く、単純なパワーカードと比べた場合、抜けていく。という原因があると僕は思いました。

 

そこで、僕なりに使用率が低いカードがどの様にしたらもっと使われるのかを考えて見ました。

 

まず、始めにコストをいくらにするか何ですが、低コスト帯はすでにニュートラルを始め優秀なカードが数多く揃っていますので、高コストにしようと思います。

 

9コストぐらいがちょうどいいのではないでしょうか?

 

 

次に、スタッツを考えて行きたいと思います。

 

コストが9と高い以上、やはり低スタッツでは使われずにバインダーの奥底に閉じ込められてしまう恐れがあるので、低過ぎず高過ぎずを意識して、5/5ぐらいでいいのではないでしょうか?

 

あまり尖り過ぎたスタッツにすると、既存のカードよりも強くなる可能性があるため、これぐらいで落ち着かせておきます。

 

次に、能力について考えて行きたいと思うのですが、やはりカードゲームというジャンルである以上ドローという能力はとても優遇され、強くなりがちです。

 

なので、このカードにもドロー効果をつけたいと思います。

 

登場時に5枚程度ドローするとかはどうでしょうか?

 

手札の質が薄くなりがちな後半に置いて、ドローが出来るカードはとても優遇され使われやすくなると思います。

 

後は適当に、スペルブーストでコストが下がるとかの能力を付けて、名前を次元の超越から少し貰い、次元の魔女・ドロシーとかにすれば、何かいい感じに使われるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 あっ、ちなみにCVは木戸衣吹さんでお願いします。

 

 

  

 

 

◯2、イラストが好まれない

 

2つ目は、イラストについてです。

 

躍動感あふれる素晴らしいイラストを描いて頂いている絵師様の方々には大変申し訳ないのですが、2つ目の要因は、そのカード達のイラストに問題があるのでは無いかと考えています。

 

例えば1つ例をあげて見ますと、

 

f:id:gamenituite:20170303163835p:image

 

皆さん、何か思う事はありませんでしょうか?

 

 

 

そうです。

 

 

 

シコリティが足りないです。

 

 

 

まず始めにお胸の部分から見て行きましょう。

 

どうですか?まるでテミスの審判を撃たれたテンポエルフの盤面が如く、サラマンダーブレスを撃たれたアグロヴァンパイアの如く荒地とかしています。

 

さらに、古来より受け継がれる日本の誇るチラ見せでポイントを稼いでくるかと思いきや、まさかの着衣率100パーセント。

 

 

いや、どんだけ寒いの?絶対君下にヒートテック着てるよね?ソックス2枚重ねで履いてるよね?

 

 

でも、やはり僕達は何だかんだ言って根は男の子。

 

お顔が可愛ければマザーテレサの如く全てを受け入れ愛します。

 

f:id:gamenituite:20170303163835p:image

 

 

 

 

いや、顔ぉぉぉぉぉお‼︎

 

 

 

 

いや、顔ぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉお‼︎

 

 

 

 

もっと人間性ちょうだい!骨見えてるから!ちゃんと毎日野菜食べてるかこっちが心配になるから!

 

 

 この様に、使用率が低いカードにはそれぞれ低いカードなりの原因があります。

 

そこで、僭越ながら、僕がこうしたらいいんじゃ無いか?こうしたらもっと使用率が上がるのでは無いか?というイラストを探してきました。

 

それがこちらです。

 

 

 f:id:gamenituite:20170303165151p:image

 

 

どうでしょうか?

 

この挑戦的な目つき。

にも関わらずどこか大人びているが、実は根はまだ幼稚な子供だという印象を与えてくるこのイラスト。

 

 

体型から、衣装、顔、全てを取って100点満点です。

 

 

いや、

 

 

100億満TENGAです。

 

 

やはり使用率が高いカードには高いカードなりの要因があるという事が分かりました。

 

 

 

 

◯3、次元の魔女・ドロシーじゃない

 

最早逆に使用率が低いカードの原因はここにあるのではないでしょうか?

 

ここまで能力、イラスト等の様々な観点から考察をしてきましたが、サボテンに毛が生えた程度のI.Qしか持たない、お気に入り再生リストにジャパリパークしか入れていない僕にはこれ以上の答えを出す事は出来ませんでした。

 

これが、昼頃から一歩も家を出ずに、コーラとポテトチップスを両手に持ちながらサザ◯さんが始まるまで真面目に考え抜いた僕の結論です。

 

 

いわばこの世の真理です。

 

 

真の理りと書いて真理です。

 

 

僕達は永遠にかめはめ波を撃つことができない、曲がり角で可愛いJKとラッキースケベは出来ない、ペンダントが銃弾から心臓を守ってくれない、それと同じです。

 

 

最早ドロシー以外に何を使うのか?

 

 

いや、無い。

 

 

ドロシーを使いたい。

 

 

ドロシーじゃなきゃ嫌だ。

 

 

ドロシーがいい。

 

 

ドロシー…ドロシー…

 

 

ドロシーぃぃぃぃぃひぃぃぃイ‼︎‼︎‼︎

 

 

ドロシーぃぃぃぃぅぅぅぅぁぁぁあぁぁぁあ‼︎

 

 

はぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁあん‼︎‼︎

 

 

f:id:gamenituite:20170303205346p:image

 

 

 

 

【まとめ】

これ以上文字を打っていると、卑猥な表現を使ってこのブログ自体がR-18指定になりそうだったので、唐突ですが、お互いの為にもまとめに入らせて下さい。

 

ここまで使用率が低いカードについていくつか原因を挙げて考察してきました。

 

 

まとめるとこうです。

 

 

1、能力がうんこ。

2、イラストが好まれない。

3、ドロシーじゃ無い。

 

 

更にまとめるとこうです。

 

 

1、ドロシー以外好まれないうんこ。

 

 

更に更にまとめるとこうです。

 

 

1、ドロシーシコ

 

 

全てのデッキに対して勝ち目を持っており且つ、ソシャゲに置いて重要な要素、運の仕組みを含んでいて楽しい。

 

つまり何が言いたいかと言うと、ドロシーだけを使って脳汁を出しまくろう!と言うことです。

 

 

本当にここまでわざわざ読んで頂いた方に無駄な時間を過ごさせてしまい申し訳無く思っています。

それでは、こんなクソみたいなブログを最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

 

ファミ通カップの見所紹介ブログ

「グゲゲゲゲグガギエギエビヨラクァァァァァア‼︎」

 

 

 

「やぁ、こんにちは。僕はシャドバ界の広瀬すずことハンサ。よろしくね。」

 

f:id:gamenituite:20170203014935j:image

 

「なんで僕が急に出て来たかというと、今日は2月に開かれるファミ通カップの見所を誰にも許可をもらう事なく勝手に紹介しようと思ったから出て来たんだ。」

 

「正直僕には1ミリも利益が発生しないけど、少しでもブログの閲覧数を伸ばす為に需要がありそうな記事を考えてたら、これになったんだ。」

 

「又、偉い人や強い人に批判を受けたら秒でこのブログは消されるから、一個人の意見ですという魔法の言葉を使うことによって責任転換をしようとしている事も伝えておくね。」

 

「後、ちょっとこのままじゃわざわざハンサになりきってる意味が無くなりそうだから、次からは語尾にハンサを付けることによってこのキャラ作りを成立させていこうと思うよハンサ。」

 

 

「さぁ、そろそろ読者の方々がブラウザバックをしないうちに僕が思うファミ通カップの見所を紹介して行こうと思うよハンサ。」

 

 

「でもその前に、誰に言われたわけでも無いけど、一回今のシャドウバースの環境を僕と一緒におさらいしてみよう!」

 

 

「今のシャドウバースはアグロウィッチと呼ばれる多彩なスペルで相手のフェイスを削りきる極悪非道なチンパンデッキと、OTKエルフと呼ばれるシャドバ界の逃げ恥ことリノセウスをミニゴブリンメイジ等を利用して何体も出す事によってダメージを稼いでいくデッキが中心となって環境が回っているんだ。」

 

f:id:gamenituite:20170203130543p:imagef:id:gamenituite:20170203130545p:image

 

「では、どうしてこの2つのデッキが中心となって環境が回っているのだろうか?」

 

 

「理由は簡単だハンサ。」

 

 

「デッキのパワーが他のクラスと比べて断トツに高いからなんだ。」

 

「例えばアグロウィッチの場合は、スペルで相手のフェイスを削りきるというプランと、ドロシー連打による理不尽を早期に相手に叩きつけて勝つ2つのプランで勝つ事が出来る。」

 

「しかも早期に理不尽を叩きつけるパターンでは、最速で4ターン目にドロシーを出せる為、相手の除去が追いつかない。」

 

「分かりやすく例えると、ドラゴンクエストで仲間が倒れ必死に棺桶を教会まで引きずっている時に出てくる強めのマドハンドみたいな感じだねハンサ。」

 

f:id:gamenituite:20170203130618j:image

 

「OTKエルフの場合は、リノセウスもそうだけど、エルフというクラス自体のパワーが元から高いんだ。」

 

「エンシェントエルフなどの再利用カードで、ベビーエルフメイなどの強力なカードを回収しつつ、巨大な壁を建てる。正直3ターン目に4/5のエンシェントエルフを建てられるだけで大分勝ちに近づく。」

 

「このように、この2つのデッキは他のクラスと比べて群を抜いているんだ。」

 

「でもだからと言って黙っていられるほどシャドウバースは簡単じゃないんだハンサ。」

 

「アグロウィッチの場合はスペルのみでフェイスにダメージを与えて勝つ特殊なパターンもあるけど、基本的にはこれら2つのデッキはフォロワーを出して相手の顔面に蹴りを入れて勝つ。」

 

「だから、ここで守りに重きを置いた陽光ビショップや土ウィッチ、除去に重きを置いたランプドラゴンやコントロールネクロ等が出てくるんだ。」

 

「そして、更にそれらの守りに重きを置いたデッキに強いセラフビショップや超越ウィッチ。」

 

「主に今の環境はこれら3パターンのデッキがじゃんけんみたいな感じで互いに有利不利を付け合い回っているんだ。」

 

「まぁ、それでも最初に挙げたアグロウィッチ、OTKエルフはそれらの不利をも覆すほどのデッキパワーがあるから好まれて使っているんだけどねハンサ。」

 

「さぁ、一通り今のシャドウバースの環境について僕の巧みな話術で紹介させて頂いたところでやっと本題だね。」

 

「正直今まで述べてきた事は、このブログ自体の内容が薄くなり過ぎないよう文章量を稼ぐために書いただけだから、このブログを読んで下さってるシャドウバース上手おの方々には必要がないよね。」

 

「まず僕が思う今回のファミ通カップの見所1つ目は、混沌とした今の環境において1番強いデッキが決まる事。」

 

 

 

【混沌とした今の環境において1番強いデッキが決まる‼︎】

 

 

 

「いきなり太いかっこで囲まれた文字が出て来てビックリされた方もいらっしゃるかも知れないけど、こんな感じで書いていくから、慣れるか慣れるか慣れてね。」

 

「さっきも言ったように、今の環境はじゃんけんみたいな感じで、デッキとの当たり方次第では、無限に勝てる。」

 

「デッキパワーが高いアグロウィッチ、アグロウィッチをメタッたデッキ、さらにアグロウィッチをメタッたデッキをメタッたデッキ。」

 

「これらの中でどのデッキが1番強いかが決まるなんて、もう今からでもワクワクするよね。」

 

「ワクワクし過ぎて僕のハンサもバイキルトして来たよ〜」

 

f:id:gamenituite:20170203131406j:image

 

「ちなみに僕のこのキャラ設定は、何を参考にしたわけでも、誰と相談して決めたわけでもないから、時折下ネタ等をど直球に入れる事があるけど許してねハンサ。」

 

「そして2つ目の見所はこちら。」

 

 

 

【今まで影に身を隠して来たデッキがどうなっているのか‼︎】

 

 

 

「感のいい方なら既に思ってるかも知れないんだけど、全環境、つまりダークネスエボルブ時代に猛威を振るっていたいくつかのデッキが今全く姿を見ないんだよね。」

 

「そう、冥府エルフや超越ウィッチ‼︎」

 f:id:gamenituite:20170203131509p:imagef:id:gamenituite:20170203131510j:image

「度々大会等で結果を残している事はあるんだけど、そのどれもが全環境とほぼ同じ構築で、最新のパック、バハムート降臨のカードがあまり使われてないんだよね。」

 

「果たしてこれがそれらのデッキに対しての100パーセントの回答なのか…それともファミ通勢による情報操作なのか…」

 

「今現在、影を潜めているデッキが優勝か、はたまた既に表に公表されている高い完成度を持つデッキが優勝するのか。」

 

「僕は年齢が規定に達していないこともあって参加は出来なかったけど、ドキドキし過ぎて画面の向こうで逝きそうだよ〜ハンサ。」

 

「ところで語尾にハンサを付ける事で何を言っても許されるみたいな風潮あるよね。」

 

「おっぱいを揉みたいハンサ。」

 

「さぁ、次の見所に行ってみようハンサ‼︎」

 

 

 

【有名プレイヤーのプレイングが観れる‼︎】

 

 

 

「シャドウバースを上達することに置いて、上手いプレイヤーのプレイングを観ることは1番の近道。」

 

「ましてやそれを生で観られる機会があるなら当然観るしか無いよね。」

 

「普段はyoutube等のコンテンツを通してしかプレイを観れないけど会場に行けば観られる。」

 

「また、東も西も2日間開催で、2日目からしか観戦することは出来ないんだけど、出場をしない人達でも観戦出来るのは本当にシャドウバースを上達するに置いての1番の近道だよねハンサ。」

 

「ちなみに語尾にハンサを付ける規則性とかは無いから、語尾にハンサが付いていない時は、普通に忘れているだけだよ。」

 

「また、まだ東地区に関する情報しか出ていないんだけど、一般の閲覧者が参加出来るトーナメント制の大会や、あのかの有名なケルベロスとイリスのコスプレをされる方々と写真を撮影できるブースもあるから、当選に落ちた、又は当選する権利が無かった人達も、絶対に来た方がいいよハンサ。」

 

「僕も観戦者として参加して、カメラロールをコスプレされた方の写真で埋めたいと思っているよハンサ。」

 

「さぁ、それではそろそろ気付いている方もいると思うけど、最後の見所紹介に行こうと思うよハンサ。」

 

 

 

【最大賞金400万円が貰える‼︎】

 

 

 

「何とこのファミ通カップで見事優勝出来たら賞金400万円が貰えるんだ。」

 

「一様準優勝以下も賞金自体は発生するんだけど、やっぱり出るからには優勝して400万円が欲しいよね。」

 

「金が好き〜、1番好き〜。」

 

「余りにも金が好き過ぎてヨダレが出そうだよハンサ。」

 

「このブログを読んでくれている方もほとんどが金に目が無いイキリオタク引きニートしかいないと思うけど、僕はもちろん慈愛に満ちたマザーテレサのような性格をしているから、もしこの400万を取れたら東京にキャバクラを開いてシャンペンを開けまくる様な生活をしたいと思っているよハンサ。」

 

「だから、ファミ通カップに選手として出場される方にはもちろん優勝を目指して欲しいハンサ。」

 

 

「最終的にはお金の話になってちょっとゲスくなっちゃったけど、ファミ通カップは実際に参加する人も、残念ながら抽選に落ちてしまった方も、お祭りみたいな感じだと思うから、絶対に参加した方がいいよ。」

 

「このブログを書くことによって1ミリも僕には利益が発生しないけど、少しでもファミ通カップが盛り上がって欲しいと思ったので、このブログを書いてみたよハンサ。」

 

「それでは最後になりましたが、こんなクソみたいなブログを最後まで読んでいただきありがとうございましたハンサ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カメラロールをコスプレ画像で埋めたい。」

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

「ゲームに勝つ為に大事な事」

カードゲームをやっている者に置いて、誰もが必ず抱くであろう感情。

 

そう、

 

「ゲームに勝ちたい。」

 

f:id:gamenituite:20170202110803p:image

 

これは、もしかしたらカードゲームのみならず、日々弱肉強食の世界を生きる我々、生物である以上全ての事柄に置いて当てはまるかもしれない。

 

ゲームに勝つためには、もちろんプレイングスキル、デッキビルド力など、様々な事が必要だと思う。

 

確かに今挙げたいくつかの能力はゲームを勝利に近づけるにあたり、重要な事だと思う。

 

だがしかし、これらの能力以外にも、まだ様々な要素が「勝つ事」に関わってくると私は考えている。

 

今回は、私が18年間、いや、犬で言えば86歳、四捨五入すれば100年間生きて来て日々感じている少しでも「勝ち」に近づくための方法を、このブログを通して、読者の方々に伝えたいと思っている。

 

 

◯要素1、服装

 

読者の方々は普段どんな服装をされているだろうか?

 

季節が冬だと言うことに甘えて暖かいセーターを着ているのだろうか?

それとも自分は天に抗うポセイドンだと主張するがのごとく半袖短パンとかいう小学生が初めて守るプライドを今も守っているのだろうか?

はたまた瞬足を履いてコーナーで差をつけているのだろうか?

 

私が考えるに、今挙げた意見はどれもゲームに勝つ為の服装という点に置いては間違っていると思う。

 

確かに外は寒い、長袖も着たくなる。

 

しかし本当にそれでいいのか?

 

そんな事で本当に相手に勝つ事が出来るのか?

 

私はここである1人の成功者(勝利者)を参考にしたいと思う。

 

f:id:gamenituite:20170201000235j:image

 

彼はデュエルマスターズというアニメに出てくるキャラクター。

 

「ザキラ」である。

 

デュエルマスターズの主人公である切札勝負等の歴代のキャラクター達と幾度となく激しい勝負を重ねてきた主要キャラクターである。

 

立場的にはどちらかと言えば悪役なのだが、彼の性癖でもある「脱ぎ癖」も相まって、DMP達の間でも長年に渡って愛されている成功者といっても過言では無いキャラクターだ。

 

さて、一通りこの「ザキラ」というキャラクターについて紹介させて頂いたところで、敢えて軽く流したところに触れていこうと思う。

 

そう、彼は度々服を脱ぐのである。

 

その一糸まとわぬ姿はまさに凛として輝く仏のよう。

 

この事から分かる事はただ1つ。

 

成功(勝ち)したければ服を脱げばいいのである。

生まれた時から持っているその立派なエクスカリバーを掲げればいいのである。

 

私達は「ザキラ」を通して成功するための方法を学んだ。

 

そう、彼は決してただの変態では無いのである。

彼は服を脱ぐ事により成功者になったいわばスペシャル脱ぎリストなのである。

 

そうと分かればこうしちゃいられない。

 

私も服を脱いでその立派なジョイスティックで勝利を掴んでいきたいと思う。

 

さぁ出発だ、目指せラフテル!

 

 

ありがとう、ザキラ…

 

 

ありがとう、デュエルマスターズ

 

 

こんにちは、ポリスメン…

 

 

 

◯要素2、髪型

 

 読者の方々は、普段どんな髪型をされているだろうか?

 

女の子ウケのいいツーブロック?

それとも可愛い系の雰囲気を醸し出すことのできるマッシュ?

はたまた日本古来より受け継がれし伝説の戦闘体系マゲチョン?

 

十人十色ということわざにもあるように、みんな違ってみんないい、ナンバーワンよりオンリーワン、どれも個性的でいいと思う。

 

しかし、そんな甘っちょろい考えではゲームという他人との優劣を決める大事な場面ではとてもじゃないが通用しない。

 

ましてやツーブロックなんてクソ喰らえだ。

間も無くやって来るバレンタインなデーのために女子ウケを少しでも良くしようとしてるやつは全員バリカンでジャパニーズザビエルスタイルにしてやりたい。

 

ゲームに勝つ為には、まず髪型から相手に勝たないといけない。

 

一体これはどういう意味なんだ?と思う方もいるかもしれない。

 

そこで、今回もある数人の成功者を例に挙げながら見ていきたいと思う。

 

1人目は彼だ。

 

f:id:gamenituite:20170201085027j:image

 

わざわざ貴重な時間を割いてこのブログを 読んでくれてる読者の方々にもご存知の方がいらっしゃるかも知れない。

 

そう、「切札勝舞」君である。

 

長年に渡ってデュエルマスターズの主人公を務め、クリーチャーと呼ばれるカピパラの延長線上みたいな奴らと意思疎通をこなせるムツゴロウ先生の上位互換。

 

普段はおちゃらけた言語を発する時もあるのだが、負けられない戦いでは必ず勝利を掴みとる。

 

デュエルマスターズを通して幾度となく世界を救って来たまさに成功者オブ成功者。

 

そんな彼の髪型を見て欲しい。

 

どうだろうか?

 

 控えめに言ってかなりおかしいと私は思う。

 

全国の切札勝舞君ファンの方々には本当に申し訳ないのだが、どこからどう見てもおかしいと思う。

 

上下左右、東西南北どの方向から見てもやはりおかしい。

 

おかしすぎて今私はこの文章を書きながらゲラゲラ笑っている。

 

しかし、私はこのアルティメットウルトラハイパーおかしい髪型にこそ勝つ為の要素が詰まっていると考えている。

 

それでは、もう1人の成功者の髪型を見てみよう。

 

f:id:gamenituite:20170201123417g:image

 

彼は、「闇遊戯」である。

 

 武藤遊戯と呼ばれる向井理とアライグマを足して2で割ったような容姿を持つ少年が、千年パズルと呼ばれる人間界でいう三平方の定理を完成させた事で、武藤遊戯の中に現れたもう一つの人格。


様々なゲームにおいて一流のプレイ技術と、危機的状況を打破する圧倒的な強運の持ち主であり、ついたあだ名は池上彰。(なっくす調べ

 

当初は悪党に容赦なく罰ゲームを下していく冷徹なダークヒーローだったが、物語後半では闇のゲームと呼ばれる、ポケモンでいうランニングシューズを持ってない時の、博士に挨拶しに行くイベントみたいな奴が少なくなった事により、正義感や友情に厚い描写が目立つようになった。

 

そんな彼の髪型を見て欲しい。

 

どこからどう見ても紅葉🍁である。

 

幼少期に私達がアンパンマン仮面ライダーに憧れたように、彼も一流の紅葉🍁に憧れたのだろうか。

 

どこをどう間違えてその髪型に辿り着いたかは正直私には分からないのだが、ただ1つだけ言えることは、この髪型もおかしいという事である。

 

デュエルマスターズに置いて3ターンでゲームが終わる事や、シャドウバースに置いて6ターン目に冥府が発動する事がおかしいという事が理解出来ないようになってしまった私だが、この髪型がおかしい事だけは分かる。

 

分かり過ぎて渡哲也になる。(笑う音

 

今言った事は忘れて欲しい。

 

せっかくここまで「である口調」で書いて来たのだから、どうせなら最後までインテリ風な雰囲気を保ちたい。

 

さて、この2人に共通する事はそう、髪型がおかしいと言う事である。

 

正直どのラインからがおかしいと言えるのかは分からないが、おそらくコナン君はセーフで毛利蘭はアウトぐらいの感覚でいいと思う。

 

とりあえず、勝ちたければ髪型をおかしくすればいい。

 

私はこの2人のキャラクターを通して、髪型をおかしくすることが大切だと学んだ。

 

お母さん、見ていますか?

 

僕は立派に育っています。

 

 

 

 

【まとめ】

 

ここまでで私が考える勝つ為の要素を2つほど紹介して来た。

 

◯1、服を脱ぐ

◯2、髪型をおかしくする

 

実際にこれを試して成功しているキャラクターがいる事からも、どちらも信憑性は高いと思う。

 

私はこのブログを書きながら、ノーベル賞受賞の電話が来ないかとそわそわしている。

 

以上の点から推測するに、服を脱ぎ、髪型をおかしくすれば勝利に近づけると言う事が分かる。

 

しかし本当にこれでいいのだろうか…

 

何か大事なものを失っている気がする…

 

いや、きっと気のせいだろう。

 

次回も私が考える勝つ為の要素について書いていきたいと思う。

 

 

 

次回「このツボを買えば勝率があがる」

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

 

声に出して言ってみたいシャドウバース

最近テレビで話題にされていた甘酒と言うものを飲んだら、お昼に食べたスパゲティを嘔吐しました。

 

今日も私は元気です。

 

こんにちは、なっくすです。

 

突然ですが、みなさんシャドウバースで声に出して言ってみたい名前のカードってありませんか?

 

f:id:gamenituite:20170116190953p:image

 

僕はあります。

 

例えばこのカード。

 

f:id:gamenituite:20170115213729j:image

 

サハクィエル

登場時に手札のニュートラル1枚に突進の効果を付けて場に出すことができます。

 

もちろん出したフォロワーのファンファーレの効果を発動することはできないのですが、ルシフェル等のターン終了時に発動するタイプのサイドエフェクトは発動するらしいです。

 

 

 

「はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?」

 

 

突然気が狂ったように怒り出したため、ビックリされた方、申し訳ございません。

 

僕が起こっているのはその名前です。

 

サハクィエル」って何ですか?

 

何で「イ」を小さくするんですか?

何?帰国子女?ちょっと海外に行ってきたからっていちいち語尾をネイティブにする奴みたいなのやめてもらえませんか?

 

こっちはレジェンド=切り札を気持ちよく出したいんです!

 

漫画の主人公みたいに、カード名を言いながら出したいんです!

 

それをカードの作り主の面白半分の軽い気持ちで「イ」を小さくしたばかりに、「サハクうぇ」で噛んでしまって恥をかいてしまう。

 

でも、かっこいい必殺技みたいな名前を思いっきり言って見たい。

 

そこで僕が個人的に言ってみたい名前のカードを勝手にランキング形式にしてまとめて見ました。

 

ランキングに載る基準は

 

・名前のカッコよさ

・必殺技っぽい名前

・言いやすさ

・言ってみたさ

 

等を考慮してまとめています。

あくまで一個人の意見だと言うことを頭の隅に置いて見てもらえれば幸いです。

 

 

 

 【第1回シャドウバース声に出して言ってみたいカード選手権】

 

 

◯第5位  ソウルコンバージョン

 

f:id:gamenituite:20170115235458p:image

 

栄光ある全カードの中から第5位に選ばれたのはソウルコンバージョンです。

 

ネクロマンサーの専用カードで、自分のフォロワーを一体破壊すると言うデメリットはあるのですが、1コストという軽いコストで2枚カードをドローすることができます。

 

最近だとネフティスネクロやアグロネクロでも採用されており、昔に比べ対戦でも見る機会が比較的増えました。

 

そんな、the・器用貧乏なソウルコンバージョンなのですが、このカードの名前、凄く必殺技っぽく無いですか?

 

このコンバージョン⤴︎の所がなんか凄く必殺技っぽくて、日曜朝の7時ぐらいから6チャンネルで叫ばれてそうです。

 

また、全体を通してリズミカルな名前で、言いやすいという点も、今回のランキング入りに影響しました。

 

ちなみに、ランキングが5位止まりになってしまった理由としましては、あくまで一個人の意見なのですが、ソウルコンバージョン‼︎というセリフが、どちらかというと主人公というよりは、中堅あたりのモブキャラが叫んでそうなセリフだと感じたので、今回の順位にさせていただきました。

 

もし、今後今の位じゃ飽き足らずに、まだ上位を目指すのであれば、ソウルの部分を「かめは」にして、コンバージョンの部分を「め波‼︎」にすれば、まだまだ上位を狙えるポテンシャルはあるかと思いました。

 

それでも、第1回にして、ここまでの好成績を挙げられたのはとても凄いと思います。

 

おめでとうございます。

 

 

 

◯4位 シュラインナイトメイデン

 

f:id:gamenituite:20170116000844p:image

 

登場時に自身の全フォロワーに選ばれないという効果を与え、相手の効果フォロワーやスペルを無力化させるという効果を持っている。

 

以前、某サイトの大会でも、このシュラインナイトメイデンによって感動的なドラマが生まれました。

 

そんなシュラインナイトメイデンさんなのですが、ランクマッチでは主に超越ウィッチのメタカードとして採用される事が多いので、最近のアグロ環境だとあまり見る機会がありません。

 

ですが、このシュラインナイトメイデンさん、僕は凄く必殺技っぽい名前でかっこいいと思っています。

 

どこら辺がかっこいいかというと、まず前半部分のシュラインです。

 

なんかモン◯ンの武器やドラク◯の防具にもシュラインシリーズみたいな感じでつけられてそうな名前です。

 

f:id:gamenituite:20170116002310j:image

注意:画像はイメージです。

 

 このカードも全体的に凄くカッコよくてリズミカルな名前なのですが、4位にランクインした理由としましては、後半部分に問題があります。

 

それは、「メイデン」です。

 

いや、メイデンって何?

 

新種のポケ◯ンかなんかですか?

3段階進化でメイデントみたいになるんですか?

草タイプ追加で「ギガドレイン」でも覚えるんですか?

 

この「メイデン」さえ無ければ1位も全然狙えるスタッツを持っていると思いました。

 

非常に残念です。

 

例えるならば、自分の好きなタレントが、クッソみたいな俳優と付き合ってファンを幻滅させてしまうアレです。

 

「うわぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁあ‼︎」

 

余りにも「メイデン」の部分が気に食わなかったので、調べてきました。

 

僕の唯一の友達であるSiriに聞いて見たところ、メイデン(maiden)は処女、未婚の女性という意味の英語で、処女航海をmaiden voyageと言うらしいです。

どうやらメイデンとは処女の方のことを言うらしいですね。

 

I likeメイデン

 

 

 

 

◯3位 消えぬ怨恨

 

f:id:gamenituite:20170116091150p:image

 

墓地のカードを2枚消費するネクロマンス2で、相手のフォロワー1体を-4します。

 

こちらのカードは、先程までの言いやすさも考慮したカタカナ表記のカードとは違い、漢字を沢山用いた、小学生キラーEL仕様となっております。

 

それでも、この絶対ラスボスがMP4ぐらいで使ってきそうな呪文のような響きはとてもカッコよく、言いにくいと言うマイナス要素を考慮しましても、十分評価できます。

 

特に、個人的には「消えぬ」という部分が好きで、家にいる時でも1人でよく口ずさんでいます。

 

消えぬおはよう…

 

消えぬいただきます…

 

消えぬおっぱいぱい…

 

僕はおそらくコミュニケーションに障害を持っています。

 

 

 

 3位になった理由としましては、やはり叫びにくさという点が足を引っ張りました。

 

想像して見てください、消えぬ怨恨と叫んでいる主人公の図を。

 

「消えぬ怨恨ぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉおん」

 

もう僕はニャンちゅうにしか見えません。

 

f:id:gamenituite:20170116121811j:image

 

僕がニャンちゅうという文化に触れないifの世界に生まれていたら、「消えぬ怨恨」は1位になったかもしれません。

 

来来来世に期待大ですね。

 

 

 

◯2位 黙示録

 

f:id:gamenituite:20170116122005p:image

 

とうとうランキングの方も2位まできました。

 

2位に入られた名誉あるカードは黙示録です。

 

全フォロワーに8ダメージを与えるというインパクトを持ち尚且つ、自分の体力が10以下の復讐時にはコストが半分になり駆けつけてくれるという、アンパンマンもびっくりの機動力を持っています。

 

このカード自身の能力もとてもド派手で、これを使いたいが為にヴァンパイアを使っていた時期も僕にはありました。

 

しかし、やはり「黙示録」というワードがカッコよすぎる!

 

正直「黙示録」の意味もよくわかっておらず、日常生活で使うワードランキング最下位ぐらいですが、それでもやはり声に出して言ってみたい!

 

なので、そんな使い所がよく分からない「黙示録」を読者の方々にも使っていただけるように、幾つか例文を考えてみました。

参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

例文1

 

女A「男B君、どうして私のリコーダーを勝手に舐めたりしたの‼︎」

 

男B「大変だ…今日も森がざわついてやがる…」

 

女A「ねぇ!ちゃんと聞いてるの?私はどうしてリコーダーを舐めたのかって聞いてるの!」

 

男B「ねるねるねるね美味しい…」

 

女A「すいません、警察の方ですか?今目の前に不審な人物がいるのですが…」

 

男B「今晩僕と「黙示録」してもらえませんか?」

 

 

 

例文2

 

男A「男B君、何で俺のリコーダー勝手に舐めてたんだよ! 」

 

男B「やっぱりご飯のお供はたくあんだよね〜」

 

男A「おい!聞いてるのか?何で俺のリコーダーを舐めたのかって聞いてんだよ!」

 

男B「あっ明日アマゾンでスク水買お」

 

男A「すいません、警察の方ですか?今目の前に不審な人物がいるのですが…」

 

男B「この度は誠に申し訳ありま「黙示録」」

 

 

参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

◯1位 ロイヤルセイバーオーレリア

 

f:id:gamenituite:20170116131203p:image

 

やはり1位はこのカードを除いては決められません。

 

全カードにおいて 栄光ある1位を獲得されたのは、初期のスタンダード期からロイヤルの構築において見ない日はない、パーフェクトヒューマン。

 

登場時敵フォロワーの数だけ攻撃力が上がり、その際敵フォロワーが3体以上いれば選ばれなくなります。

 

その効果は絶大で、どのデッキに対しても盤面によっては狂喜乱舞の大活躍をしてくれます。

 

名前もとてもリズミカルでいて言いやすい。

なのに必殺技みたいなカッコ良さもあり且つ、貴族の風格が漂いモブキャラ臭もしません。

 

2位と約2京差をつけての堂々の1位でした。

 

理由としては、先ほども述べたように言いやすい・カッコいい・必殺技っぽいの全てのパラメータにおいて他のカードと比べた時群を抜いていたからです。

 

それでは見事ランキング1位を獲得されたこのカードの名前を今から、言って見たいと思います。

 

 

 

 

「ロイヤルセイバーオーレリア」

 

 

 

 

「ロイヤルセイバーオーレリアぁぁぁあ‼︎」

 

 

 

 

「ロイヤルセイバーオーレリアぁぁぁあぁぁぁあ‼︎」

 

 

 

 

「あぁぁぁぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁあ‼︎」

 

f:id:gamenituite:20170116125342j:image

 

 

 

 

 

おまけ

 

◯最下位 ムシュフシュ

 

f:id:gamenituite:20170116125413p:image

 

シャドウバースの全カードにおいて不名誉な最下位を獲得したのはムシュフシュです。

 

他のフォロワーが進化するたびに自身の攻撃力を2上げる現代の若者特有の他力本願精神を持つひもニート

 

ムシュフシュというまるで滑舌の悪い僕を的確にメタって来たかのような言いにくい文字列。

 

また、特にカッコいいというわけでもなく、必殺技っぽくもない。

 

何ですか?このカード?

 

何処ぞのイタリアン風食堂でランチメニューで出て来そうな名前。

「ムシュフシュのイタリアンパスタと味噌汁」

 

エロ同人誌で後ろに出てくる効果音みたいな名前。

 

圧倒的なダサさと言いにくさでダントツで最下位です。

 

一生2pickでtier1として君臨していてください

 

 

注意:あくまで一個人の意見です。

 

 ちなみにムシュフシュの次にランクインしていたカードは「マイニュ」で、その次はアイボリードラゴンでした。

 

 

 

【まとめ】

ここまでこんなクソみたいなブログを最後まで読んでいただきありがとうございございました。

 

今回は、声に出して言って見たいシャドウバースについて書かせていただきました。

 

誰しもシャドウバースをしていたら声に出してカード名を言って見たいと思う時はあると思います。

 

しかし、何を言って見たらいいのか分からない…

もしかしたらみんなにセンスが無いと馬鹿にされるかもしれない…

 

そんな方のために、幾つかご紹介させていただきました。

 

決して今回紹介させていただいたランキングが正しいとは限りません。

 

昔の偉人が十人十色と言ったように、SMAPがナンバーワンじゃなくてオンリーワンでいいと言ったように、各々によって、声に出して言ってみたいカードは違うと思います。

 

ただ、これだけは1つ言わせてください。

 

 

 

 

「ムシュフシュは最下位」

 

 

 

こんなクソみたいなブログを最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムシュフシュごめん?

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

OTKエルフが何の略称かについて考えていたら、宇宙を巻き込む問題へと発展してしまイェェェェェェェェェイ‼︎

最近シャドウバース界にてある1つのデッキが流行している。

 

そう、OTKエルフである。

 

ミニゴブリンメイジでリノセウスを山札から引っ張って来て、てんやわんやで相手の残りライフを空にする、人道極りない極悪非道な害悪デッキなのである。

 

しかし、私にはここである1つの疑問が生まれた。

 

そう、OTKって何やねん?である。

 

実際このデッキを使っているプレイヤーの中にも私と同じ疑問を抱いている人は少なからずいるのではないだろうか?

 

OTKって一体何なんだ…

 

食べ物なのか…?それとも何か得体の知れない新種の元素記号なのか…?

 

気になって食事も喉を通らず、羊を2K数えてもぐっすり眠れず、夜のシコも2発しかできない。

 

OTKとは一体何なんだ…

 

そこで、私は自分なりにOTKとは一体何なのか?について考えてみることにした。

 

日頃から「おはよう」を「お」と略したり、「おやすみ」を「ぽ」と日々、I.Q2の昭和のギャル並みに文字列を略している私にはOTKについて考えて答えを導き出すことは容易い。

 

週末もセンター試験に向けてDAI語を勉強しており、その意識の高さは最早ジャイアント馬場の身長をも超える。

 

 

なぜここで敢えてジャイアント馬場の身長を例えとして用いたかには触れないで欲しい。

 

 

精一杯面白い事を言おうとしたという事を感じ取って笑っていただけたら幸いだ。

 

そんなジャイアント馬場の身長よりも高い意識を持つ私が最初に思い付いたOTKはこれだ。

 

 

 

おちんこ

 

 

 

頼むからまだブラウザバックは待ってほしい。

 

正直私にもこれは受け入れがたい事実であることは確かで、否定したい気持ちも山々である。

 

そもそもこんなお下劣な決して少年誌には乗せる事のできない禁断されし呪文。

 

マダンテメガンテをも凌駕し、空前絶後の破壊力を持つこの禁断魔法。

 

 

おちんこ

 

 

このままでは、私がただ下ネタを喋りセクシャルハラスメントをしたいだけの人に見えるかもしれないが、日本の反対側にブラジルがあるように、クリス松村の股間にはゴリアテがあるように、これにはしっかりとした根拠がある。

 

まず最初にOTKエルフとは一体何なのかと言うことを思い出して欲しい。

 

そう、リノセウスを出し入れするデッキである。

 

これをおちんこに例えて欲しい。

 

いつもおパンツからおちんこを出し入れしているはずではないだろうか。

 

 

 

待って、まだ頼むからブラウザバックは辞めて‼︎

 

 

 

まだ根拠はある。

 

相手の残りライフを削るとき、手札からリノセウスを発射する筈だ。

 

もしかしたら勘のいい方はすでに気付かれたのでは無いだろうか。

 

そう、おちんこから白銀の矢が出る動作と非常に似ているのである。

 

これは太古のティラノサウルスとステゴサウルスが超越しているジュラ紀からアダムとイブが生まれし日、そしてマザーテレサが生まれたその日も変わる事のなかった人類における最大の神秘であり最早人間の本体と言っても過言ではない「物」が行う行為と、あまりにも似て非なるものと言えるのでは無いだろうか?

 

しかし、シャドウバースはあくまで全ユーザーを対象にしたゲームである。

 

0歳から100歳、老若男女を対象としたゲームであるため、残念ながらこの世の中には多種多様な人物が存在しており、この様な「おちんこ」という卑猥な表現を嫌う方もいる。

 

なので、恐らくこの案は間違っているだろう。

 

では一体OTKとは一体何なんだろうか…

 

結局話は振り出しへと戻ってしまった。

 

OTK…OTK…

 

駄目だ、「おちんこ」以外の解釈が出来ない…

 

一度頭に思い描いてしまった先入観は、地球に隕石が落ちて君の名前を忘れるぐらいの衝撃が無いと忘れる事はない。

 

もうOTKは「おちんこ」では駄目なのだろうか?

 

そもそも「おちんこ」の何が駄目なのだろうか?

 

男に生えてるインペリアルマンモスが卑猥な物だと誰が決めつけたのだろうか?

 

私はこのブログを通して、このブログを読んでくださってる方々に、伝えたい。

 

「おちんこ」は決して卑猥なものでは無いと。

 

インペリアルマンモスは決してわいせつ物では無いと。

 

ゴリアテだって精一杯生きている。

 

私はこれからもOTKエルフを使うということを通して、合法的に公に「おちんこ」を伝えていきたい。

 

そうする事でもしかしたらこの過酷溢れる世界に一筋の希望をもたらすことができるかもしれない。

 

OTKエルフとは一体何の略なのかという話からは180°ぐらいずれて、ポンデリングからあげクンぐらいになってしまったが、最早そんな小さな問題では無くなってしまった。

 

日本全土、いや、地球から火星、全宇宙をも巻き込む問題へと発展してしまった。

 

なんて事だ…

 

こうなったらもうヤケクソだ…

 

 

 

 

空前絶後のぉォォ〜〜!!超絶怒涛のエルフマスター!!

 

 

フェアリーを愛し  トップリノセウスに愛された男!!

 

 

フェアリーサークル  フェアリーフェアリー  エンシェントエルフ

 

 

全てのフェアリーの生みの親

 

 

そう  我こそはァァァァ!!!

 

 

リノ導きリノ進化込み6点!  1ターン増えるごとにプラス2点!  最大火力0コスト根源込みで空前絶後の79点!!!

 

 

大きな大会等でも既に結果を出してるOTKエルフ!!

 

 

2コストは  リノセウスしか入っていません!

 

 

皆さん  今がチャンスです!!

 

 

もう一度いいます  「OTK(おちんこ)エルフ」って覚えてくださァァァァイ!!!

 

 

そう  全てをさらけ出されたデッキの名は

 

 

OTK〜〜〜〜  エル〜〜〜〜〜(ボフッ)フーーーーー!!!

 

 

イェェェェェェェェェ〜〜イ‼︎

 

 

 

 

 

 度重なる卑猥な発言大変申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

ところでOTKって何の略ですか?

 

 終わり