なっくすブログ

Twitterやってるんでフォローして下さい。 @gamenituite

君は本当にベストを尽くしているのだろうか?

皆さん如何お過ごしであろうか?

 

RAGEという大型大会の内3分の1が既に終わり、今週末、来週にかけて残りの日程も終わろうとしている。

 

デッキの選択の方は既に決まっているであろうか?

 

超越?アグロエルフ?はたまた、なぞのばしょおも目ん玉ひん剥いて逃げ出すくらいのチート性能を持っている巫女有するランプドラゴン?

 

全てのデッキが勝てて全てのデッキが負ける現環境。

 

このブログを見られている方々はもれなく戦国時代を生き抜いて来た強者供ばかりだと思うので、その点については本人達に任せて、私は本題に入っていこうと思う。

 

ここまで本題に付いて引っ張って来たわけなのだが、その本題とは一体何なのだろうか?

 

それはつまりデッキ名についてである。

 

今まさに紹介して来た超越ウィッチ、アグロエルフ、ランプドラゴン等、確かにデッキのレシピとしては強いのかもしれない。

 

しかしデッキ名に着目して見て欲しい。

 

本当にそれは強いのであろうか?

 

あまりにも貧弱そうでNot Strongなネームでは無いだろうか?

 

ここで1つ実際に例を出して見て行きたいと思う。

 

f:id:gamenituite:20171109233123p:image

 

ミッドレンジネクロ。

 

現在流行っている超越、ドラゴン、雑なアグロ等に対してそこまで不利を取らずに幅広く見れる。

まさにオールマイティなデッキ。

例えるならば円堂守

キーパーというポジションでありながら自分の気持ちが高ぶると急に相手エリアへと走り出し、自ゴールそっちのけで味方のアタックに参加する。又、乱数で頭上にスタンドを呼び出し、炎の玉やなんかデッカい爆弾とかも素手で止める全力少年

 

しかし、そこまで幅広く受けを持ちつつ強ムーブを持って自分の動きを押し付けることも出来るミッドレンジネクロなのだが、名前で損をしていると私は思う。

 

何が一体損をしているのかどうかは私にもわからないのだが、全体的に何だか損をしている気がするのだ。

2pickで5勝してエーテルをいっぱい貰えるあれと似たような感覚。

 

この世の中には、様々な商品、サービス等が存在をする。

 

本来既に持っているはずのものでも、名前に惹かれて普通なら必要のないものまで買ってしまう経験、誰にでもあると思う。

 

コンビニにお茶を買いに行っただけのはずなのに、出る時には左手いっぱいのコンビニ袋を抱えて出て来ることは無いだろうか?

 

私はある。

 

何なら今も気づいたら横に名前につられて買ったポテトチップスの袋が2つもある。

 

そこで私はこれらの名前、言葉の黒魔法をシャドウバース におけるデッキ名達にも活用する事が出来ないかと思う。

 

そこで私は考えた。

 

 

 

「期間限定古き良きミッドレンジネクロ」

 

 

 

どうだろう?

 

思わず手が伸びそうなこの感覚。

 

小さい頃慣れ親しんだあの風景やあの匂いがまさに今脳裏に浮かび、今にでも触れようとしているのでは無いだろうか?

 

しかも期間限定と書かれている事で、私たち、言わば需要者達は考える隙を与えられず、そのデッキを使おうとしているのでは無いだろうか?

 

しかし、これではまだ強さが足りない。

 

ではこういうのはどうだろうか?

 

 

 

「期間限定古き良き過去類を見ないあらびき濃厚ミッドレンジネクロ」

 

 

 

 

もうね、すんんんんんごい強そう。

 

あらびいて濃厚とかもうね、勝てる気がしない。

 

私がどんなに精神と時の部屋で修行しようとどんな悪魔の実を食べようとどんな個性に目覚めようと一生勝てる気がしない。

 

あらびき濃厚てあなた。

 

そんなの卑怯ですやん。

 

絶対に美味しいに決まってますやん。

 

まさに言葉の黒魔法。

マダンテをも凌駕し、その破壊力は元気玉を超える。

 

まさに地上に放たれたゴールデンフリーザ

 

しかし、まだこんなもんでいいのか?

 

まだ行ける、まだ行けるぞぉぉぉぉぉぉおおお!!!

 

 

 

 

「物語を彩る豪華声優陣がお送りする期間限定古き良き過去類を見ないあらびき濃厚モチモチ食感ミッドレンジネクロ」

 

 

 

 

ぐぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

 

 

何なんだこれは!何なんだこれは一体ぃぃぃぃぃぃ!!!!!

 

うわぁぁぁぁぁぁああ!!!!!

 

物語を彩る豪華声優陣。一体誰がどの声を担当しているのか?あんなセリフやこんなセリフまで担当してくれているのか?もしかして限定ボイスとかも聞けるのか?しかもモチモチ食感て何だ!コンビニで美味しそうなパンに12割ぐらいで書いてあるワードじゃないか!モチモチ食感と書くだけで我々未来を背負うゆとり世代の心をガッチリとつかむ事が出来る(円堂守だけに)。こんなデッキに勝てる気がしない。いやむしろ戦う前に負けるまである。こんなのが対面に来れば多分失神して泡を吹いて倒れるであろう。あぁ、何て恐ろしいんだ…「物語を彩る豪華声優陣がお送りする期間限定古き良き過去類を見ないあらびき濃厚モチモチ食感ミッドレンジネクロ」…

 

 

しかし、残念ながらこのデッキ名には欠陥がある。

 

確かにこのデッキ名はとても強い。

 

アジャコングすら一撃でKO出来るパワーを持っていると私は思う。

 

しかし世の中には食に対して一切の魅力を感じず、月火水木金土日所構わず自分の性のみに向き合ういわゆる日本男児、通称サムライが存在する。

 

そのサムライ達はネットという莫大な太平洋の中自分の刀を抜くタイミングだけをひたすら伺いその時を待っている。

そして自分好みの作品、言わば敵の首を見つけた瞬間剣を抜き、その光る先端で仕事をする。

 

そんな彼らはモチモチ食感だろうと期間限定だろうと見向きもしないだろう。

 

そこで私はこれを提案したい。

 

「物語を彩る豪華声優陣がお送りする目の前に迫る圧巻の108㎝Hカップ期間限定古き良き過去類を見ないあらびき濃厚モチモチ食感素人無修正ミッドレンジネクロ」

 

目の前に迫る圧巻の108㎝Hカップ…素人…無修正…

 

漢が聞いて涙を流しながら感動する単語が全て詰め込んである。

 

そこには夢も希望もラピュタもワンピースもある。

 

最強だ…

 

とんでもないデッキを作り上げてしまった…

 

敵が無いと書いて無敵と呼ぶ。

 

人類の最高傑作だ…

 

最早私は誰にも止められない。

 

私と今後対戦する方は是非心してかかってきて欲しい。

 

 

「物語を彩る豪華声優陣がお送りする目の前に迫る圧巻の108㎝Hカップ期間限定古き良き過去類を見ないあらびき濃厚モチモチ食感素人無修正ミッドレンジネクロ」と「ランプピサロ」使います。対戦よろしくお願いします。

 

 

 

終わり

 

 

 

ヘクターあるある言いたい

ヘクターあるある言いたい〜、あるある言いたい〜

 

ヘクターあるある言いたい〜、あるある言いたい〜

 

ヘクターあるある言いたい〜わぉ!

 

あるある言いたい〜!!

 

ヘクターあるある言いたい〜わぉ!

 

あるある言いたい〜!!

 

ヘクター、あるある〜!

 

早く〜、言いたい〜!!

 

ヘクター、あるある〜!

 

早く〜、言いたい〜!!

 

あるある〜、言いたい〜!!

 

早く〜言いたい〜あぉ!!

 

ヘクターあるある言いたい〜!

 

早くぅ言いたい〜!!

 

ヘクターは実は〜!

 

早く〜言いたい〜!!

 

ヘクター、あるある〜!

 

早く〜言いたい〜!!

 

ヘクちゃんあるある〜!

 

早く〜言いたい〜!!

 

ヘクターはいつも〜!

 

早く〜言いたい〜!!

 

ヘクターあるある〜!

 

早く〜言いたい〜!!

 

ヘクターは実は〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるある言いたい〜!!

 

ヘクターあるある早く〜!

 

早く〜言いたい〜!!

 

ヘクターは早口で言ったら〜!

 

あるある言いたい〜!!

 

ヘクターあるある早く〜!

 

あるある言いたい〜!!

 

ヘクターあるある言いたい〜!

 

あるある言いたい〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘクターは7コスト〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロックしないでください。

 

終わり

ヘクターは世界を救う

突然だが皆さん、普段辛いことや悲しいこと、逃げたくなるような事は無いだろうか?

 

この世界から逃げ出したい、もっと楽になりたい。

 

金が欲しい、休みが欲しい、美味しいものが食べたい。

 

この世に存在する全ての出来事、及び悩み事は全てヘクターを出せば解決する。

 

ヘクターはパワー。

 

ヘクターこそ至高。

 

今回は悩める全ての若者達に勇気と希望を与える事が出来る様なブログを書いていこうと思う。

 

 

○1、相手がめっちゃバハムートを出してくる。

 

ヘクターを出そう。

 

f:id:gamenituite:20170823093520p:image

 

バハムートは生まれつき持っている特性により、相手の盤面に2体以上フォロワーがいれば相手のフェイスを殴ることは出来ない。

なのでヘクターを出して盤面にいっぱいフォロワーを並べれば相手のバハムートを実質無効化する事が出来る。

だが、「サラマンダーブレスでも撃たれてこっちの盤面を空っぽにされたらどうするんだよ!!」っと大阪のおばちゃん並みのクレームを投げつけてくる読者の方もいるかもしれない。

 

しかし、安心して欲しい。

何と進化権を使えばこちらの盤面に5/6と言う実質メガ進化版ゴリアテを残したまま相手のバハムートのみを破壊する事が出来る。

 

ファンタスティック!!

 

何と素晴らしい。これで万事解決だ。

困ったらヘクターを出す。

これこそが全ての成功へと繋がる。

 

 

○2、おしっこに行きたい。

 

ヘクターを出そう。

 

f:id:gamenituite:20170823093520p:image

 

一見この2つの事柄は1ミリも関係がない様に見える。

だがしかし、よーく思い出して欲しい。

 

2ヶ月前から楽しみにしていたハリウッド映画。

いざ当日、前日は余りの楽しみに寄り中々眠れず、結局3時間しか寝れなかった。

朝飯のパンとワインを口に頬張り、勢いよく玄関を駆け出す。

 

映画館に着いた。

上映4分前、親から貰ったお小遣いの2000円を左手に握り締め、ポップコーンと映画のチケットを買う。

 

席に着く。

よく分からない何ちゃらウォッチや漬けもんかくまモンかよく分からない何ちゃらモンスターの広告がドカドカとモニターいっぱいに流れる

 

ここで僕はある事を思い出した。

 

「朝起きてからおしっこに行っていない。」

 

そう、僕はまだ朝起きてからおしっこに行っていないのである。

 

普段なら朝起きて開始2秒ぐらいで駆け込むトイレ。

しかし、楽しみにしていたハリウッド映画を観れるという興奮からおしっこに行くのを忘れていたのである。

 

そう、人は興奮をするとおしっこに行きたいという感情を忘れる。(なっくす調べ)

 

勘のいい人はすでにお気付きだろうか。

 

ヘクターを出せばその余りにぶっ飛んだ能力から思わず興奮をする。

 

「行けっ!!ゾンビ!!行進せよ!果ての果てまで!!」

 

ヘクターを出した事による興奮からおしっこに行きたいと言う感情を忘れる。

 

つまりおしっこに行きたくなったらヘクターを出せ。

 

QED、証明完了。

 

 

○3、夕飯をカレーライスにするかシチューにするか決められない。

 

ヘクターを出そう。

 

f:id:gamenituite:20170823093520p:image

 

 

真実はそこに眠っている。

 

カレーライス。通称、食卓のヒカキン。

目の前に出てくるだけで人々を笑顔にし、日々世界平和に貢献している。

カレーライスを嫌いな人は人間じゃないと言われるぐらいの好感度を持ち、日々老若男女の空腹を満たしている。

調味料によって味はコイキングからギャラドスぐらい変わり、作り手のさじ加減で無限大の味を楽しむ事が出来る。

更に、通称「袈裟固め」に寄りカレーを2日寝かす事によってより伸びしろを伸ばす事が出来、新たなる可能性を楽しむ事が出来る。

 

シチュー。通称、平成の白魔術師。

見た目の真っ白に広がる光景からは予想のつかない様な滑らかな舌触り。

そして鼻に流れ込んでくる、香ばしい匂いのケアルガ。

口に流し込むとバチバチとバーサクの様に主張をし合うのだが、それでいて心地が良く、最終的にはまるでケアルラの様に口の中を癒してくれる。

そしてそこに加える「ヘイスト」(牛乳)。

これに寄り、味の限界突破によってさらに滑らかさを与え、今までに味わったことのない様な、味の向こう側。ラフテルへと連れて行ってくれる。

 

カレーライスとシチュー。

 

どちらも互いに良いところがあり、どちらかを選ぶのは非常に難しい。

 

でも人間食べられる量には必ず限界がある。

 

そうだ、ヘクターを出そう。

 

ヘクターを出して自分の胃袋にバフをかければ胃袋が大きくなり、いつもより沢山の物を食べる事が出来る。

 

別腹…という言葉を聞いた事はないだろうか?

 

これはお腹がいっぱいの状態でも強制的に食べ物を入れる場所を作り、食べ物を食べる事が出来る。

 

いわばゾーン。

 

ヘクターを出す事により、強制的にゾーンに入る事が出来るのだ。

 

ヘクター最強、ヘクター最強!!

 

全ての悩み事はヘクターで解決が出来るのだ。

 

 

○4、お腹が痛い

 

ヘクターを出そう。

 

f:id:gamenituite:20170825092619p:image

 

お腹が痛いという事は前日、または前々日に何かお腹にとってよく無いものを食べた事が原因だと考えられる。

 

なので、その腹痛の原因となっているお腹にとっての悪い物を駆除すれば腹痛は治るというわけだ。

 

ここでヘクターの全体バフが効果を発揮してくる。

 

ヘクターを出す事で自分の体内の免疫の効果を最大限増長さす事が出来、悪い物を駆除する事が出来る。

 

最後に信じるべきはやっぱりヘクター何だ。

 

ヘクターさえいればもう何も怖く無い。

 

ヘクター最強ヘクター最強うぉぉぉぉぉお!!!

 

 

 

○5、リーサルが届かない。

 

うるせぇ、黙ってヘクターでも出してろ。

 

 

○6、中に出したい。

 

すいません、僕のブログいちよう全年齢対象って事でやらせてもらってるんだ、代わりに「ヘクターを出す。」って事で許してもらえないでしょうか?

 

 

○7、お尻にニキビが出来てしまい毎日がとても辛いです。こんな僕がニキビの事を忘れてハッピーになるにはどうしたらいいでしょうか?

 

病院に行って下さい。

 

 

○8、ゲオの会員になってから一年経ったんですが…

 

更新せよ!果ての果てまで!!

 

 

○9、今晩シコるおかずが無くて…

 

行進せよ!波田野由衣まで!!

 

 

○10、jhdm3○〆措置やdwgd〆○38

 

jhj÷○<」!たひj6○>5ねちねな!!

 

 

この世には沢山の悩み事、不安等々が沢山あります。

 

しかし、それら全ての事柄はヘクターを出す事で解決をする事が出来ます。

 

ヘクターは偉大です。

 

ヘクターは最強。

 

ヘクターさえいれば何でも出来る。

 

元気なんていらない。

 

ヘクターさえいればそれでいい。

 

ヘクター最強、ヘクター最強。

 

ヘクターはいずれ必ず世界を救う様な存在になります。

 

ヘクターによって貴方の生活が少しでも豊かになります様に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.ヘクター強過ぎナーフしろ。

 

終わり

 

 

 

 

 

僕の初めての経験

僕の初めての経験。

 

そう、あれは今から5年前だろうか。

 

照りつける様な夏の暑さ。額から噴き出す大量の汗。

 

外に出れば踊り狂うほどの紫外線が僕の皮膚を焼き、体内から焦がす様な熱風が僕を包み込む。

 

「暑くて暑くてたまらない。」

 

いつもと特別何かが変わっているわけでもないのだが、もはや口癖と化したセリフを一人呟いていた。

 

そんな時だった。

 

ふと目を上げると、視線の先にカラフルな何かがいた。

 

あれは一体何なのだろうか?

 

まさかこのとき感じたほんの些細な興味心が僕の初めてを奪うなんてこの時は到底思えなかった。

 

僕はただひたすらに溢れ出る汗を拭いながらそれに近づいて行った。

 

だんだんとその姿がはっきりと見えて来る。

 

それは果たして幻想か、はたまた現実か。

 

お世辞にも美しいとは言えないのだが、確かにそこにそれはあった。

 

一体何なのだろうか?

 

近づいて手に取ってみたい。触ってみたい。

 

僕は溢れ出る欲望に身を任せ、それに近付き手に取った。

 

「冷たいっ!!」

 

別に冷たい事自体には特に驚いてはいない。

 

予想だにしてなかった事実に驚いただけだ。

 

みんなも経験したことあるのではないのだろうか?

 

プリンだと思って茶碗蒸しを食べたらクソ不味かった。

 

それと同じだ。

 

僕は再びそれに手を差し伸べた。

 

2度目ということもあり、今度はちゃんとそれを僕の手のひらに乗せることが出来た。

 

ひんやりとして気持ちいい。

 

僕はそれを熱した自分と絡み合うかの様に頬に当て続けた。

 

生まれて初めての経験だった。

 

手に取っているだけで気持ちいい。

 

こんな経験今までなかった。

 

あぁ、この時が永遠に続けばいいのに。

 

ここで僕の中の一人の欲望が僕に囁きかけてきた。

 

「食べちゃいなよ。」

 

び、びっくりした〜。

 

なんて破廉恥なことを言うんだ。

 

生まれてこの方エロと言う物に一切触れてこなかった僕は驚き、咄嗟に後ずさった。

 

僕には足を踏み入れることのない世界。

 

小さい頃からそれの名前は知っていたが、自分とは無縁だと思いいつもそれについての話題が出る度に軽く相槌を打ちながらその場をやり過ごしていた。

 

しかし何なんだろう?この溢れ出る欲求

 

まさか自分がそれの事を意識する事なんて一生ないと思っていた。

 

自分でも何が何だか分からない。

 

だがただひたすらに僕の中の一つの欲望が僕の体の自由を奪って行こうとしていることだけは分かる。

 

あぁ、したい、やりたい、食べたい、体内に入れたい。

 

そう思った瞬間僕は自分の体を止めることは出来なかった。

 

手に取っていたそれを引きちぎり、ありのままの姿にした。

 

あぁ、美しい。ずっと眺めていたい。

 

自分でもこの時何故こうしたのかは分からないが、恐らくジュラ紀白亜紀より受け継がれる僕の中の獣の心がそれを成したのだろう。

 

匂いを嗅ぎたい。

 

近寄って匂いをかいだ。

 

とてもいい匂い。

 

僕の鼻の中を鋭く貫き、体内に溶け込んだ。

 

 

まだ足りない。

 

「舐めたい。」

 

舌で絡める様にそれを舐めた。

 

味はよく分からなかったのだが、僕の中のもう一人の自分はただひたすらにそれを舐め続けた。

 

数分経っただろうか。

 

お互いに緊張も解けてきたのだろう、それは少し前までの冷たさを失っていた。

 

でも僕はそれをひたすらに舐め続けた。

 

舐めて舐めて舐め続けた。

 

もう僕は誰にも止められなかった。

 

体内に入れたい。

 

僕はそれを口の中に流し込んだ。

 

ほのかに香る匂いと、粘つく様な感触。

 

僕は思わず初めての感触にそれを吐き出してしまった。

 

しかし再びそれを両手ですくい上げ、口に運んだ。

 

何故か本能的にそうしなければいけないと感じた。

 

心なしか先程より美味しい気がする。

 

それからの僕はただ一心不乱にそれを舐めては口の中に流し込み貪る様に食べ続けた。

 

それに出会ってから僕は時間にして、ものの数十分しか経ってないのかもしれない。

 

僕はその時間が数時間、いやむしろ永遠に感じられた。

 

しかし時は残酷だ。

 

始まりがあれば終わりがある。

 

僕は手を止めた。

 

途端に非常なる罪悪感が僕を現実へと引き戻した。

 

正直自分でも何でこんなことをしたのか未だに分かっていない。

 

よく無責任な男には気を付けろと中学生の頃に習った。

 

本当に悪気はなかった。

 

ただ自分に素直になりたかっただけなんだ。

 

照りつける様な暑さのせいにはしない。

 

僕の中の欲望に身を任せてしまった自分が悪い。

 

本当に申し訳ないことをしてしまった。

 

2度と取り返しがつかないかもしれない。

 

一生をかけてそれに尽くさなければいけないほどの事をしてしまったのかも知れない。

 

でも、もしももう一度僕の声を聞いてくれるのなら、せめて僕なりの謝罪の気持ちを伝えさせて欲しい。

 

 

「ご馳走様でした。」

 

 

そう呟くと僕は箸を置き、セブンイレブンのロゴが書かれた冷やし中華のカップを机に置きテレビのリモコンを付けた。

 

 

 

あぁ、セブンイレブン冷やし中華食べてぇ。

 

 

 

終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔法少女になりたくて

最近バイト先のおばちゃんから心なしかボディタッチが多い様に感じます。

 

お久しぶりです。こんにちは、なっくすです。

 

多分前回のブログから1ヶ月程度経ったのではないでしょうか?

 

皆さん、シャドウバースをやっていてふと、あ〜極大魔法唱えてみたいなぁ〜って思う事ありませんか?

 

今回はシャドウバース界に太古の古き戦国時代等より語り継がれて来た極大魔法(アルティメットマジック)について紹介をして生きたいと思います。

 

 

【魔法紹介】

 

 

「サークルフェアリーフェアリーエンシェント」

 

 

シャドウバースを初期の頃よりやられている方なら分かると思います。

第一次冥府エルフ時代。

 

男達はグランドラインというAAランクを目指し夢を追い続けていた。

 

運命を使う事によりデッキをほとんど掘る事ができるため、 "プレイング" が出やすいデッキ。

 

通称初心者狩りの異名を持つ冥府エルファーにしか扱うことの出来ない勇者の剣。

 

その勝率は当時5.1割で血反吐を吐きながらAAランクを目指す若き英雄たちをあざ笑うかの様な6割後半という驚異的な数字。

 

高校野球なら即ドラフト1位もきっと狙えただろう。

 

Jリーグなら秒でユベントスに引き抜かれ、アニメ界なら即ニコニコで淫夢化される。

 

そんなまるで新世界の荒波をくぐり抜けて来たかの様な冥府エルファー達がメッカの方向に祈りを捧げる様に先攻後攻のゴングが鳴り響いた瞬間にブツブツと呟き始める魔法。

 

「サークルフェアリーフェアリーエンシェント」

 

泣く子も黙る極大魔法。

その火力はメラゾーマを遥かに上回り、辺り一面を焼き尽くす。

 

それが決まればゲームも既に半分制した様なもの。

 

バスケットボールに例えると、始まった段階で30対0。

 

日頃ソシャゲのSSレアの如く部屋から出ない通称自宅警備員事、私達のために分かりやすく言うと、雷門中対帝国学園。

 

勝負が始まった段階で既に勝敗が決まっている様なもの。

 

まさにクソゲーオブザクソゲー

 3日で辞めた超大人気アプリ「生きろ!マンボウ!」を思い出す。

 

決められた方はただただ指をくわえてそれを見ているしかない。

 

しかしシャドウバース界にはこれをさらに上回る魔法がまだある。

 

それがこれだ。

 

 

「サハバハゼル」

 

 

このオタクが早口で言ってそうな文面。

ドラゴンの裁縫セットにアディダスの財布。

 

体力が20しかないシャドウバースにおいて一気に体力の約3分の2を持っていく恐怖の魔法。

 

ザラキもびっくりの即死性能。

メタルキングヘルムもびっくりだ。

 

昇竜拳だってまだ優しい。マンダのタイプ一致りゅうせいぐんだってまだ優しい。

 

だがサハバハゼル、おめーは駄目だ。

 

私達は何度この呪文を唱えられて歯ぎしりをしながら机に拳を叩きつけて来ただろうか?

 

中学生の頃何度思春期というものに憧れて机に拳を叩きつけて、でも意外と机が硬くてでもそれを顔に出したらダサいからドアを勢いよく開けて部屋に戻って両手で拳を抑えたか。

 

何が拳骨一個でおしまいだ〜だ。

 

ゴリアテの二乗した様な能力を持ちやがって。

 

 

しかもこのサハバハゼルとかいう魔法、発動条件が非常に軽い。

 

手札にたった3枚のカードを揃えるだけで発動する。

 

マリオのステージ1の方がまだ難しい。

 

まるでアカウントを作るだけで物が買えるAmazonの如く。

 

まるでスマブラのマリオの即死コンボの如く。

 

エグゾディアが遠くの方で泣いているのが見えてくるのではないだろうか?

 

チャオズがこれほどの威力のダメージを与えるのに多大なる犠牲を払った事を冒涜しているのか。

 

エドワード・エルリック何て手足を失ったのにも関わらず弟の魂を引き戻すことしかできなかった。

 

これは等価交換の法則に違反している立派な犯罪だ。

 

しかし、この世界にはより強大でかつ邪悪な悪の化身現代版ダークドレアムがいる事を皆さんはご存知であろうか?

 

そう。

 

この世界を我が手中に収めようとする本当の禁じられし死の魔法。

 

いや、死の魔法何て生易しいものじゃ無い。

 

最早そこに生は存在しない。

 

どんなに足掻こうとそれに対抗する事は出来ない。

 

声に出すだけで兵士に捕らえられ、王宮の地下深くに牢獄される。

 

そう、泣く子も黙るアルティメットエンペラースペシャルアラモードエンジェル魔法。

 

 ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲と対を成す世界に終焉をもたらす魔法。

 

 

 

「トーヴゴブリーアリス」

 

 

 

発動条件 F

強さ SSSSSSSSSSSSSSSS

 

 

先攻を取ったもののみに唱える事が許される魔法。

 

発動すれば草木は枯れ、森の生命は逃げ、空気は蒸発する。

 

唱えたものは手足を叩いてケタケタ笑いながらただ相手が無力化するのを待つ。

 

そこにはマホカンタフバーハスクルトも存在しない。存在するのはケタケタ笑いながら1人たたずむ悪の化身のみ。

 

特性 いてつくはどう

 

何も効かない、何も感じない。

 

何も聞こえない、壊れかけのレディオ。

 

まるで日頃大学に行っている僕たちの様に何者も寄せ付けない。いわば孤独なダンスホール

 

 憎しみ

 

怒り

 

悔しさ

 

そこには何の感情も残らない。

 

残るのは圧倒的な要塞とまるで蛇に睨まれたかの様なカエルの姿。

 

他にも「トーヴトーヴゴブリン」や、「トーヴトーヴゴブリントーヴリリエル」等の魔法もあるのだが、それはまた次回かその次がその次の次かその次の次の次かいつか。

 

 

さて、ここまで数個の魔法を紹介して来たが画面の向こうの読者の方々は何か気に入った呪文があっただろうか?

 

ここまで紹介してきた魔法はどれも簡単に唱えられる。

 

そしてどうかふと極大魔法を唱えたくなった時に口笛でも吹きながら胸に手を当ててそっと優しく唱えて欲しい。

 

「サークルフェアリーフェアリーエンシェント」

 

「サハバハゼル」

 

「トーヴゴブリーアリス」

 

貴女の楽しい魔法少女生活を応援します。

 

 

 

P.S. ドラクエ11の女武闘家めっちゃエロい。

 

 

RAGE出る人頑張って下さい。

 

終わり

 

 

特にいいタイトル思いつかなかったんで昨日僕が夜ご飯に食べたおかずが何かクイズとして出します。

最近お風呂でシコリすぎて下水道が詰まった事を管理人さんに口頭で伝えに行きました。

 

おはようございます、なっくすです。

 

お久しぶりです。

 

お元気でしたか?

 

僕は元気です。

 

どれくらい元気だったかというと、アンパンマンの0.48倍ぐらい元気でした。

 

突然ですが、画面の向こうの皆様方はユニコーンの踊り手・ユニコの事を一体どう思っていますか?

 

 

2コスト2/2

 

 

実質守護

 

 

ニュートラルフォロワー

 

 

 

 

おかず

 

肉便器

 

まんこ

 

この世に70億人の人々がいるように、HUNTER×HUNTERがいつまで経っても終わらないように、ユニコに対して無限のイメージがあると思っている。

 

もちろん私もユニコに対して抱いているイメージはある。

 

私はユニコの事を人生の教科書だと思っている。

 

ブラウザバックはやめて欲しい。

 

決して最後まで読んだところで何かあるわけでも達成感も何も無いと思うのだが、どうかゴミを見るような目でいいので最後まで読んで欲しい。

 

もしかしたら最後まで読む事でハワイ旅行やグアム旅行等が当たるかもしれない。

 

それは最後まで読んでのお楽しみだ。

 

お楽しみは最後にとってある方がみんなも嬉しいと思う。

 

突然だが皆様方は苺のショートケーキを食べる時イチゴを最初に食べる派だろうか?それとも最後に食べる派だろうか?はたまた股間に持って行き元気な声で「きとう!!!」と叫ぶのだろうか?

 

今行ったやり取り、こういうのを世間的には時間の無駄というので、覚えておいて欲しい。

 

きっといつか将来役に立つはずだ。

 

ここで一旦話しを戻そうと思う。

 

正直このブログの趣旨を忘れている人が大半だと思う。

 

正直私自身ももう少しでこのブログのテーマを忘れてユニコを通して自分の性癖を晒すところだった。

 

さてユニコの一体どの部分を見て人生の教科書だと思っているのか?

 

決してブログを書くネタが無かったため無理やり話題を作ったわけでも友達との罰ゲームで書かされているわけでも無い。

 

ユニコのセリフを思い出して欲しい。

 

「ユッ、ユニコッ、頑張ります!!!」

 

どうだろう。この現代において中々聞けない頑張りますの文章。

 

そして絶妙に恥じらいを感じつつも精一杯振り絞って出しているような "エンジェルヴォイス" 。

 

例え悪い事をしようと自分の非を認めず相手に対して暴言を吐きちらす現代の若者。

 

頼み事をされても適当な返事で相槌を打つ。

 

「◯◯君これ明日のお昼までにやっておいてくれるかなぁ?」

 

「うんこちんこおっぱいガハハ!」

 

それに比べてこのユニコ氏は一体どうだ。

 

「ユッ、ユニコ、頑張ります!!!」

 

素晴らしい。

 

ユリウスもビックリの深みのある "ダーティヴォイス" 。

 

 

一体この背景にどんなストーリーがあるかどうかは正直知った事では無いが、どうだろう。

 

アオハライドもビックリするぐらいのこの清々しいまでの頑張りますの一言。多分福士蒼汰もビックリしてノーパンでスプラッシュマウンテンに乗ってる。

 

全ての若者は彼女をお手本にすべきだ。

 

彼女は一体今までにどれ程の仕打ちを受けて来ただろうか?

 

ゾンビパーティ、渾身の一振り、森荒らし、ウィンドブラスト、群れなす飢餓。

 

まるで彼女以外の全ての存在が彼女を否定するかのように執拗なイジメをしている。

 

読者の方も経験があるのでは無いだろうか。

 

ユニコ一体に対して必要以上の暴力。そして破壊手段が手札に無かった時に吐き捨てる悪質な言葉。

 

数えだすとキリが無い。

 

ユニコは毎晩枕を濡らして夜を過ごしている。

 

しかし、例えどれほど理不尽な目にあっても次の出番になれば切り替えて頑張ってくれる。

 

「ユッ、ユニコ、頑張ります!!!」

 

これ程までに健気で儚い少女を見た事があるだろうか?

 

どれほど頑張っても決して周りに努力を認められず、

 

けど、

 

それでも与えられた役割を真っ当するために、もう一度立ち上がって頑張る。

 

「ユッ、ユニゴ、頑張り、ガ、ガンバリ…ガガガ…」

 

私はユニコが馬鹿にされている所をいくつも見て来た。

 

しかし、私には彼女を救うことは出来なかった。

 

いや、救う事が出来なかったどころか必要以上の過剰スペルでぼっこぼこにして来た。

 

ごめんなさい、ユニコ。

 

本当にごめんなさい。

 

自分がして来たことは到底許される事では無いと思っている。

 

でもどうか、どうかこのゴミ見たいな私を許して欲しい。

 

いや、許してくれなくてもいいからどうかもう一度私に力を貸して欲しい。

 

絶対にもう2度とそんな事はしない…

 

どうかこの想いがユニコまで届きますように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ〜、ユニコのがばマンに白銀の矢打ち込みてぇなぁガハハ。

 

 

 

 

 

紗倉まな 

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく分からないけど強いて言うならシャドウバースの話し

仕送りで何か服送ってって親に頼んだら、ガンダムのTシャツが送られて来ました。

正面にガンダムの絵柄がドカドカと書いてあるかっくぅいいTシャツです。

ちなみに僕はガンダムエヴァンゲリオンの違いが未だに理解できていません。

よく分からないけど、僕はオメガモンっていうガンダムが好きです。

 

 

画面の向こうの皆様おはようございます。

 

なっくすです。

 

今朝シャドウバースというゲームでランクマッチをしているとこんな場面に遭遇しました。

 

f:id:gamenituite:20170519141814p:image

 

 

僕も最初は信じられませんでした。

 

いつもと同じように最初に配られる3枚の規則性のないカード。

数あるカードの中から必死に試行錯誤をし組み合わせるイマジネーション。

そして誕生する世界に1つだけのマイフェイバリット。

 

それはまるで己の分身でもあり戦友でもある。

数々の死闘を共に乗り越えて来た友。

 

互いの事は全てわかり尽くしている。

 

好きな食べ物。

嫌いな食べ物。

好きなテレビ。

性癖。

週に何回シコッたか。

エロ本の隠し場所。

 

昨日彼がFC2にログインしていた事だって知っている。

 

Twitterの検索履歴で30秒アダルト動画が残っているのも知っている。

 

 

僕たちは2人で1つ。

 

そんな僕のマイフェイバリットdeck☆に入っているカードも当然ながら全て把握しているので、相手に応じて必要なカードをマリガンで探す。

 

今回の場合は相手がドラゴンだから託宣、アイラ等のPPブーストが出来るカードを探せばいいと思う。

 

そしてデッキをシャッフルアンドドロー。

 

 

幸運にもマリガンは見事に成功し、託宣、竜巫女等のいわゆるPPブースト系統のカード。

 

例えるならマリオカートのキノコ🍄

 

それらのカードを手札に加える事が出来た。

 

そして少しでも勝負において有利な試合展開を運べる様に相手が何枚手札をマリガンしたかを確認する。

 

2枚。

 

相手も託宣かアイラを初手で引けていたのだろう。

 きっとその残った1枚が託宣かアイラだ。

 

ふっふっふ、ここまではお互い互角の様だな。

しかしおらも負けねぇぞ〜!!!

何てったって託宣が手札にあるんだからよぉ〜!!!

 

 

さぁ舞台は整った。

 

 

熱いバトルをしようぜと言わんばかりの勢いの入ったゲームスタートの画面。

 

そしてまるでガンジーが助走をつけて核兵器のボタンを押すかの様なレベルの勢いで画面をタッチ!!

 

 

 

ゲームスタート!!!

 

私が取ったのは後攻。

 

今のシャドウバースは先行ゲーと呼ばれるくらい先行が有利。

 

だってそりゃ先行を取るだけで無料で託宣が撃てるんでしょ?

 

この時点で私は不利だと言えるだろう。

 

しかし、私は全神経をまるで写輪眼を開眼するかの如く眼球に集め、相手の動きを観察する。

 

何だ?何をするんだ?

 

アイボリーか?ドラゴンの卵か?それともエンジェルスナイプか?

 

 

………

 

 

ボボボボボボボボボボボーーーン!!!

 

 

 

???

 

 

 

私は正直自分の目を疑った。

 

相手が突然お前に負けるならなんくるないさ〜みたいなよく分からない言語を発した後に急に爆発をしたのだ。

 

何故だ⁉︎

 

どうしてだ⁉︎

 

私の頭の中を光の速さで何かが走り回る。

 

一体何が起きたんだ…

 

何も分からない。

 

ここで1回今起きた出来事を整理してみよう。

 

マイフェイバリットdeck☆イズセット。

ゲームスタート!!!

jhdt〆○6vgdmt5(謎の爆発音)

 

Why???

 

 

自分でも何を言っているか分からない。

 

 

一体何がおかしかったのか?

 

私が何かしたとでも言うのか?

 

何だ?私が悪いのか?

 

近くのスーパーの試食コーナーで1日に2回オレンジを食べたからなのか?

 

ご飯にふりかけを2回分かけたからなのか?

 

もしかしてうまい棒よりハーゲンダッツの方が美味しいと言うことを世間に公開してしまったからなのか?

 

それともポッキーをシェアせずに1人で食べたからなのかぁぁぁぁあ⁉︎⁉︎⁉︎

 

 

 もしかしてなのだが、これは遠回しに私の事をdisっているのでは無いのだろうか?

 

私が弱過ぎて勝負に値しないから自ら爆発をしたのでは無いか…?

 

なるほど、それならこの名探偵コナン君でも解けないだろう前代未聞のミステリー、地上波で放送するなら恐らく3週間分ぐらいかけて放送されるであろう大ボリューミーな謎にも納得が出来る。

 

全てが繋がった。

 

金田一少年もびっくりの速さで謎が解けた。

光ネットもびっくりの速さだ。

 

 

 

 

 

なるほどな…

 

そうか…私が弱いゆえの爆発だったのか。

 

 

 

 

 

 

 何でだろう…?

途端に何だか腹が立って来た。

 

 

 

どうして私は全く見ず知らずの相手、今後一生出会うこともないだろう奴にこれ程までに弱者扱いをされなければいけないのか。

 

 

 悔しい、悔しい、悔しすぎる。

 

 

まだ1ミリもゲームをしていないのに、まだマリガンをしただけなのに悔しい。

 

 

かつてこれ程までに屈辱を味わった事があっただろうか?

 

 

小学生の頃プールから帰って来たら友達にパンツを隠されてた時よりも悔しい…

 

 

 

何なんだ奴は。

 

 

 

まだほんの1コンマも意思疎通をしていないにも関わらずこれ程までの屈辱を私に与えて来た。

 

 

 

一体奴は何者なんだ。

 

 

 

 

一体どんな彼はどんなエヴァに乗っているのか。

 

 

 

初号機か?初号機なのか?

一体お前は何号機に乗っているんだぁぁぁぁあ???

 

 

恐らく奴は未来の火星から来たバグズ手術を受けた宇宙人か何かなのだろう。

 

 

ならばしょうがない。

 

 

歯磨き粉を最後まで丁寧に使う事ができる程度の特技しか持たない一般ピーポーの私では到底及ばないだろう。

 

 

 

勝てるはずもなかったのだ。

 

 

もう今日は疲れた。

 

 

 

ベッドの上の教科書棚の数学とミクロ経済学の教科書の間に挟んであるエッチな教科書でも読んでゆっくり休もう。

 

 

 

 

あっ、そういえば最近旅ガエルのプレミア3枚揃いました。

おめありです。

f:id:gamenituite:20170520005718p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり