読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっくすブログ

Twitterやってるんでフォローして下さい。 @gamenituite

最強のデッキ

先日、好きな食べ物は何ですかと友達に聞かれたので、少しでも場を和ませようと思い、「ガリ」と答えたらその友達との距離が少し離れた気がしました。

どうも、なっくすです。

 

皆さん、おはようございます。

夏はとても暑くて、常に下痢というオートスキルを発動してる僕は毎日が死と隣り合わせです。

しかしそんな一部のパーリーピーポーを除く人が常に害悪だと思ってる夏なのですが、朝はとても涼しくて気持ちがいいです。

特に早朝スマホを右手に持ち、必死の形相で個体値の高いミニリュウを探しながら歩く散歩は格別です。

そして朝の散歩を楽しんだ後、家に帰ってからの優雅なティータイム(食パンと水)はとても楽しく、貴族の余韻に浸れます。

ですが、そんないつもの自分を忘れさせてくれる優雅なひと時を一気に現実へと引き戻してしまうものがやって来ます。

 

そうです。

 

「尿意」です。

 

読者の皆様、安心して下さい。

これは、デュエルマスターズのブログです。

 

いきなり尿意とか何を言っているんだと思われるかもしれませんが、これはれっきとしたデュエルマスターズのブログです。

 

さて、何とか「尿意」というデュエルマスターズと最も離れていると言っても過言ではないキーワードを華麗な文章で登場させた所で、本題の方に入っていきましょう。

 

それは、こちらです。

 

【最強のデッキを思いついてしまったんやで】

 f:id:gamenituite:20160801140937j:image

です。

 

ありがとうございます。

どうも、なっくすです。

先ほど記した通り、最強のデッキを思いついてしまいました。

今、数々の戦績と地位を確立してきた偉大なるデッキビルダーの方達が、「そんな馬鹿な」と思われたと思います。

普通、環境で活躍するデッキは、並々ならぬ日々の努力、度重なる調整、多くの人のアイデア、金、が集結されて、初めて誕生します。

一個人が、「あっ、最強デッキ思いついた」とかでは決して誕生しません。

そんなのはせいぜい、子供が考えるエグゼドライブビートや、ヘブンズゲートで強い奴いっぱい出すんだデッキぐらいです。

僕自身も以前、ラムダヒャックメーとかいう最強デッキを思いついたのですが、レッドゾーンとかいう交通標識もろくに見ないヤンキーに分からされました。

 

ですが、僕は思いついてしまったのです。

今の所はまだ使ってみたことは一度も無いのですが、断言します。

最強デッキです。

このデッキに勝てるのは、おそらくマ◯コデラックスや、森久美◯等の、いわゆる巨人族と呼ばれる方達ぐらいです。(トラブルを避けるため、ピー音を使わせていただきました。申し訳ありませんでした。)

 

いやー、マジで強いっすよ、このデッキ。

僕も最初思いついた時は、最強過ぎて自分にドン引きしましたもん。

本当相手は自分が生き物に生まれた事を後悔すると思いますよ。

 

そろそろ皆さん、この最強デッキのレシピを知りたくなって来られた頃だと思います。

くどい御託はもういいよって感じですよね。

分かりました。

それでは、いよいよ最強デッキを紹介したいと思います。

行きますよ〜。

 

はいっ!ドン!

 

【お茶ビート】

 

f:id:gamenituite:20160801135738j:image

 

 

お茶ビート?

 

オチャッピィでビートする何が強いの?って思われた方もたくさんいらっしゃると思います。

確かにオチャッピィは、SBを持っているので、速攻対策にもなったり、サンマッドに侵略出来るので、そのまま相手の盾に突っ込んだり、最近ではイメンやサソリスでのボアロ龍解にもよく使われたりしますよね。

 

ですが、このお茶はオチャッピィの事を指しているわけではありません。

例えるならばよく英語の文章である、この下線部が指している箇所を述べなさいで、作者名を指しているぐらい違います。?

 

このお茶は、単純に考えてもらって構いません。

お茶です。

それが烏龍茶であろうと、緑茶であろうと、ましてやファンタでも構いません。

つまり飲み物ならばなんでも構いません。

あっ、でもファンタは相手を虫歯にさせてしまう恐れがあるので、あまり適していないかもしれないですね。

 

このお茶ビートとは、対戦前に相手にお茶をいっぱい飲ませて、尿意を近くさせて、そのままトイレに行かせてドロップアウトを狙うデッキです。

なので、こちらが使うデッキは何でも構いません。

コロコロの付録だろうと、500円のスターターデッキだろうと、何でも大丈夫です。

あえて言うならば、相手が超高速3ターンキルデッキとかの場合、相手のドロップアウトを狙う前にこちらが負けてしまっては意味が無いので、序盤の猛攻をしのぐためにも光のスターターデッキがいいと個人的には思います。

 

どうですか?この最強デッキ?

卑怯ですか?

フハハハハ!勝てばいいんですよ。勝てば。

勝負において勝ち負け以上に大事なものがありますか?

いいえ、無いです。

そもそも勝負とは、本来自然界においては、生きるか死ぬかを決める大事な事です。

弱肉強食という言葉があるように、弱い者は喰われ、強い者は生き残ります。

勝負において負けは決して許されないのです。

かの有名なとある偉人がこんな言葉を残しています。

 

「負ける事に対して劣等感を持て。勝つ事に対して優越感を持て」

 

素晴らしいですね。

僕も思わず心に何か「ぐっ」と来るものがありました。

まぁ、これ考えたの僕なんですけどね。プギャァァァァァァァアwwwww

 

ブラウザバックはおやめ下さい。

これは仕方ない事なんです。

何かいい名言が無いかとGoogleで「勝負 名言 偉人」で調べていたんですけど、あまり良いものが出てこなかったんで、自分で作ってしまったんです。

でもどうですか?

雰囲気だけでも出てませんか?

 

とりあえず僕の言いたい事はこうです。

 

勝負に勝つ事に綺麗も汚いも無い。です。

 

そりゃ確かに、ゲームに勝ち尚且つ楽しめたらそれが1番良いのですが、これは勝つ事を大前提にされています。

僕は、勝つ事に対していつも真剣に考えています。

その結果がこれです。

僕はこのデッキで大会に出ます。

もう誰にも僕を止められません。

それでは次は警察でお会いしましょう。

オ・ルボワール(突然のフランス語

 

 

【詰めデュエル】

皆さん、いかがお過ごしでしたでしょうか?

どうも、なっくすです。

何かこのまま終わるのも、少し味気ない気がしたので、オリーブオイルをかける感じで、少し間をつなぐ的な感じの事でもしたいと思います。

 

皆さんは、詰めデュエルというものをご存知ですか?

僕が初めて詰めデュエルを知ったのは、DSのとある遊戯王のカセットで知りました。

詰めデュエルというのは、あらかじめ用意されているゲームの状況から、適切な順番でカードを使用していき、ゲームを勝ちに持っていくというものです。

僕が初めてこれをやった時は、レベルが1〜10ぐらいまで用意されていて、難易度に応じてクリア報酬が上がっていくというものでした。

当初の僕はクリア報酬があまりに欲しすぎて、毎日毎日ひたすらやっていました。

ですが、うまい話にはちゃんと裏があります。

とても難しいです。

当時の僕には難しく、2ヶ月ぐらい掛けてやっとの思いでクリアできたのは、レベル1だけでした。

パック1つ分のゴールドをもらえた気がします。

もしもタイムマシンがあったら僕が戻りたいときランキングトップ6位です。

その2ヶ月があれば、ロックマン3週出来るよって絶対言いに行くって決めてます。

 

話しが逸れましたね。

逸れたで思い出したのですが、ポケモンGOでスーパーボールを逸らせずに投げる事ができるようになりました。

この投げれるようになるまでに、2キロ卵6個と5キロ卵が2個羽化しました。

どうも、なっくすです。

 

それでは詰めデュエルについての説明をまとめさせていただくと、詰めデュエルとは、あらかじめ与えられている手札、クリーチャー、マナ、山札等から、適切な札を選んでいき、勝つ事です。

 

では、いよいよ本番に行きたいと思います。

これからも機会があれば、ちょくちょくこういう詰めデュエルとかも入れていきたいので、初めてという事も考慮してレベル8ぐらいの問題を出したいと思います。

華麗なるDMPの一族の皆様には簡単ですよね。

もし分からないという方のためにヒントを出すとするならば、「このブログをよく読んでね。」です。

 

レッ詰めデュエル!

 

◯レベル8

相手

・マナ  10

・シールド 20

・超次元 無し

・ドギンダム無し

・バトルゾーン 無し

・墓地 無し

・山札 10

・手札 無し

 

自分

・マナ 0

・シールド 0

・超次元 無し

・ドギンダム無し

・バトルゾーン シャーマンブロッコリー ×2

・墓地 28

・山札 10

・手札 綾鷹 ×2 烏龍茶 ×3 ラムネ ×8

 

以上

 

 

どうですか?

分かりますか?

レベル8という事もあり、やや難しめに問題を設定させていただきました。

僕自身、この問題を解きながら、正解に至るまで丸2日程度かかりました(ウソだお

いちよう華麗なるDMPの皆様方には、そんなもの必要無いとお叱りを受けそうですが、念のためシンキングタイムを取りたいと思います。

 

せっかくなので、シンキングタイムように曲を考えました。

それでは聞いて下さい。

なっくすで「ズンズンドコドコ」

 

 

ズンドコズンドコズンズンドコドコ

ズンドコズンドコズンズンドコドコ

 

コートニーグレンジュウでズンズンドコドコ

マナが増えるよズンズンドコドコ

エイリアン出てくるズンズンドコドコ

いっぱい出てくるズンズンドコドコ

止めは踊るよズンズンドコドコ

ダンシングエイリアンで踊るよズンズンドコドコ

相手は叫ぶよズンズンドコドコ

myが迷で舞うよズンズンドコドコ

 

ズンドコズンドコズンズンドコドコ

ズンドコズンドコズンズンドコドコ

 

 

どうですか?

耳に残りましたか?

最近流行りのズンドココートニーグレンジュウを歌にしてみました。

あれ、面白くて強そうですよね。

ぜひ皆様も作られる事をオススメします。(盛大なコビ売り

ちなみにズンドコズンドコズンズンドコドコの部分がサビです。

2番は、まだ考えて無いです。

いずれはCD化して、紅白に出る予定です。

紅蓮の弓矢の二の舞を踏まない様に気をつけたいと思います。

 

どうですか?正解は見つけられましたでしょうか?

それでは正解を発表したいと思います。

はい、ドーーン!

 

◯正解発表

1、手札にある綾鷹 ×2 烏龍茶 ×3 ラムネ ×8の中から好きなものを好きな数選ぶ。

2、あらかじめ隣に置いておいたコップを取り出す。

3、コップに選んだ飲み物を注ぐ

4、相手が「何をしているの?」と聞いてくると思うので、「最近暑いですね。飲み物でもいかがですか?」と答えて、3で注いでいたコップを差し出す。

5、相手がそのまま飲んだ場合は、おかわりを注ぐ。→5へ

      相手が怪しんで、飲まなかった場合は、「すいません」と一言お詫びを言った後、腹を殴る。→5へ

6、相手はトイレに行く

7、勝ち

 

どうでしたか?

解けましたでしょうか?

難しかったですか?

僕は皆さんなら必ずこの問題を解いてくれると信じていました。

 

アイムビリーブ。

 

何度でも言います。

むしろ逆に気に入ってきました。

今年の流行語大賞はいただきます。

 

以上、詰めデュエル?でした。

 

 

【まとめ】

こんにちは、なっくすです。

今回は、詰めデュエルというものに挑戦してみました。

クソみたいな内容過ぎて、本家の方に怒られそうとビクビクしながら書いていました。

後もう少しビクビクしていたら、オムツのお世話になりそうでした。

今、僕はある用事で高知県からの帰り道、あまりに暇すぎて急遽今まで温めていたブログの内容を取り出しながら、書いているのですが、1つ紹介したいお店があります。

昨日、用事が終わりカードショップをポケモンGOをしながら探していました。

しかし、結局めぼしいカードショップも見つけられずに、新しく仲間に加わったCP800越えのストライクと共にホテルに向かって歩いていました。

そこで見つけたラーメン屋さん。

店名を「徳島ラーメン 麺王」と言うのですが、ここのラーメンが凄く美味しかったです。

f:id:gamenituite:20160801135708j:image

僕はにんにくラーメンとチャーシュー丼を食べたのですが、ラーメンの麺の固さと濃厚なにんにく風味のスープとが混ざり合い、絶妙な味のマエストロを奏でていました。

また、この店は1名様のみ卵を無料でもらえるので、卵を独自に加えて食べるのもまた違う味わいを楽しめて、いいのかなと思いました。

次もう一度高知を訪れた際は、寄ってみようと思いました。

f:id:gamenituite:20160801135611j:image

また、以上の文章はまだ舌の超えていない一高校生の意見ですので、あまり親身に受け止められても責任はとらない事をご理解ください。

 

あれ?気が付いたらデュエルマスターズのまとめから昨日食べた美味しいかったラーメンについてのまとめに変わっていた!

これがラーメンの恐るべき能力なのか!

おのれ!ラーメン!

 

次回

出たな!ラーメンマン

最深部に潜む巨大なる黒幕!

 

古来より豪族の血を受け継ぎ、自分より階級が下の者を常に見下している偽りの偽善者なっくすでお送りしました。

(デュエルスタンバイネタをしようと思ったけど、特に思いつかなかったから妥協したのは内緒のお話)

 

まとめれてない等の意見は無しの方向性でお願いします。

 

はい、最後になりましたので、毎度言わせていただいております終わりの言葉を今回も言わせていただきたいと思います。

こんなクソみたいなブログを最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

終わり