読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっくすブログ

コメントしっかりと読んでます。

超越刃鬼

デュエルマスターズ シャドウバース

このブログの流れ

◯自己紹介

◯デッキ紹介

◯デッキの解説

◯まとめ

 

 

ポケモンGOやってますか?

トサキントの影が精子に見えました。

 

どうも、なっくすです。

 

皆さん、シャドウバースやってますか?

僕はもちろんやっており、先日ヴァンパイアでA2に到達する事が出来ました。

強いですね、ヴァンパイア。

アグロ相手に黙示録を撃つのが楽しくて仕方ありません。

乙姫セージ何てカモですね。

場を壊滅させた後の、敵のサレンダーがとても快感です。

いやぁ、本当サタンドラゴンと冥府エルフ早く死んでくれないかなぁ。

 

どうも、なっくすです。

今回は、シャドウバース?についてのブログを書いていきたいと思います。

 

僕は最近シャドウバースをよくしています。

朝起きたらランクマッチ。

昼飯食べたらシャドウバース。

夜寝る前にシャドウバース。

もはやシャドウバースと共に僕は生活していると言っても過言ではありません。 

 

最近は、リアルにおいて無意識のうちにリンゴンリンゴーンという声が頭の中に流れたりします。

 

「はぁ、シャドウバース楽しい」

 

いつしか僕は現実とシャドウバースの境目を判断する事が出来なくなってきました。

 

行ってきマーリン

おはようございまスペルブースト

おかえリノセウス

 

どれもGoogle先生でも和訳不可能な言葉ばかりです。

そんな病院へ通う事をオススメされる僕なのですが、最近シャドウバースでよく使っている?デッキがあります。

 

それが、いわゆる「超越ウィッチ」と呼ばれるデッキです。

f:id:gamenituite:20160803185427p:image

皆さんは超越ウィッチというデッキをご存知でしょうか?
超越ウィッチというのは、「次元の超越」というスペルブーストでコストを−1出来るカードで、使用すると、このターンの後にもう一度自分のターンを行う事が出来ます。
みんな大好きデュエルマスターズで例えるならば、無双龍騎ボルバルザークや、鬼丸覇何かがよく似ていると思います。
そして、「次元の超越」を使い得たエクストラターンで、一気にとどめを刺すデッキになっています。

また、このデッキの強さとしては、フィニッシュターンが、主に8、9ターン辺りなので、サタンをフィニッシャーとするデッキに対して、先にとどめまで持っていく事が出来ます。
弱い面は、守護持ちのフォロワーがベルエンジェル辺りしかいないので、ドラゴンや最近流行り?の疾走ビショップ等に対して弱いというところがあります。

 

しかしこの「超越ウィッチ」というデッキ、1つ大きな問題点がございます。

 

それは、フィニッシャーがいないという事です。

よくこのデッキで使われるフィニッシャーは、ペンギンウィザードと呼ばれるカードや、ルーンブレードサモナーと呼ばれる本来はフィニッシャーと呼ぶにふさわしくないカードばかりです。

(これは一個人の意見です。全国のペンギンウィザード及びルーンブレードサモナーファンの方々、お詫び申し上げます。)

そんなカードで勝って皆さん楽しいですか?

僕は楽しくないです。

もっと強い奴をたくさん出して、相手のメンタルをズタズタに切り裂きたいです。

ですが、男なっくす、「超越ウィッチ」にふさわしい良きフィニッシャー見つけてまいりました。

それがこちらです。

f:id:gamenituite:20160803101806j:image

◯「必勝」の頂カイザー刃鬼

11コスト クリーチャー

無色 パワー14000

このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、相手のシールドの数だけガチンコジャッジをし、勝った数だけ手札、墓地、マナから好きな数のハンターをバトルゾーンに出す事ができる。

Tブレイカー

 

ご存知の方もいらっしゃると思います。

このカードが登場してから今もずっとデュエマ界の環境に居座り続ける重鎮的存在。

このクリーチャーを出すだけでゲームに勝つ事ができ、その一枚が持つカードパワーは計り知れません。

また、運営の手により幾度となく消されようとしてきたが、最近は謎の運営押しにより、VIP待遇を受けている実質人間国宝

 

僕は、このカードを「超越ウィッチ」のフィニッシャーとして採用するのはどうかなと思います。

 

理由としましては、先ほど述べた通り、これ一枚でゲームを勝利へとつなげる事ができ、刃鬼と共に出てきた召喚酔いクリーチャーの等も、「次元の超越」を使っている事により、そのデメリットを消す事ができるからです。

マナカーブ的には少し怪しいところもあるのですが、それを考慮しても、最適なフィニッシャーだと思います。

 

御託だけ並べてもしょうがないですよね。

それではこの超越刃鬼を利用したデッキの紹介をさせていただきたいと思います。

 

【超越刃鬼】

・フェアリーライフ ×4

・ピクシーライフ ×3

・再誕の社 ×1

ハヤブサマル ×1

・ファイアーチェイン ×2

・フェアリーシャワー ×4

・クリスタルメモリー ×3

・運命の導き ×3

・エターナルトラップ ×3

・フェアリーホール ×2

・ドラヴィタホール ×1

・スペルサイクリカ ×3

・ボルバルザークエクス ×1

・不敗のダイハードリュウセイ ×2

・メテオライトリュウセイ ×2

・必勝の頂カイザー刃鬼 ×2

・次元の超越 ×3

 

【デッキ解説】

・フェアリーライフ

2コスト シールドトリガー

自分のマナを1枚増やす

 

このデッキの初動かつ超越のコストを下げてくれるイケメンカード。

シールドトリガーも持っているので、ドギラゴン剣やベアフガン等の早いデッキに対しての対策としても活躍してくれる。

後半トップで引いた時のまるで思春期の少年が世の中に対してイライラしている時の様な感情を抱く事になるが、それを考慮しても、やはり抜く事は出来ないカード。

フェアリーライフって何かフェラに似てるね。

強いカードは4。

 

 ・ピクシーライフ

2コスト 

自分のマナを1枚増やす

その後自分のマナから1枚無色のカードを回収してもよい

 

同じくこのデッキの初動。

主に2ターン目のマナ加速として使われるが、後半引いてもマナにある刃鬼を回収出来たりと、序盤から終盤にかけて活躍してくれる。

また、コストが低いので、ファイヤーチェインや次元の超越等のスペルブーストも行ってくれるので、このデッキとはとても相性がいい。

このカードを作ってくれた人に感謝しかない。

合掌。

だが、引けば問題が無いので、3。

 

・再誕の社

3コスト 

自分の墓地のカードを2枚までマナにおける

 

3マナで2ブースト出来る神カード。

実質1マナでスペルブーストをしてくれるので、このデッキと非常に相性がいい。

4枚ぐらい入れようと思ったのだが、殿堂?とかいう物に指定されているため、1枚しか入れられないらしい。

ルールは破るためにあると何処ぞやの漫画で学んだのだが、どうやら漫画の世界と現実は違うらしい。

ありがとう、再誕の社。

僕は後少しで2次元の世界に行きそうだった。

堀北真希大好き。

4枚入れたいけど妥協の1。

 

ハヤブサマル

3コスト パワー 3000

ニンジャストライク4

自分のクリーチャー一体にブロッカーの能力を与える

 

対速攻要因。

主に早いデッキに対しての防御手段として使う事が多く、マナを払って素だしする事は少ない。

また、古来より受け継いできた自分のクリーチャー一体にブロッカーを与えるという能力を持っているため、デッキに1枚しか入れる事ができないという枷を背負って生きている。 

耐え忍ぶ者と書いて忍と呼ぶ。

俺はさっきから何を言っているんだ?

デッキに1枚しか入れられないという枷を背負っているから1。

 

・ファイアーチェイン

4コスト 

ランダムで相手のカード1枚に1ダメージ

スペルブースト 上記の効果をもう一度使える

 

普通の刃鬼にはなかなか入っていないカードだと思う。

主な使用方法としては、序盤にフェアリーライフやフェアリーシャワーを使った後に、全体除去として使う事が多い。

ただし、後半トップで引いた時の弱さは異常なので、後半は腐りやすい。

状況に応じてクリスタルメモリーから持ってこればいいと思う。

また、後半の腐りが気になる方は入れ替え候補としてどんどん吸い込むナウをオススメする。

全体除去としては強いのだが、後半の腐りを考えて、2。

 

・フェアリーシャワー

4コスト 

シールドトリガー

山札の上から2枚を見て、1枚をマナにしもう1枚を手札に加える

 

シールドに埋まって欲しいカード。

見事トリガーしてくれれば、一気に相手の速さに追いつく事が出来る、自分が先行の場合は、更にアドバンテージを広げる事ができる。

また、2ターン目ライフからの流れはとても強く、ダイソンの吸引力もびっくりの強さだ。

後半引いても非常に強く、腐りにくい。

強いて弱い部分を挙げるならば、このデッキのマナカーブ的に2→4→5の動きがしやすいので、その妨げになる点。

その辺を考慮するならば、何枚かどんどん吸い込むナウに変えてもいいと思う。

そこら辺は個人の好みに任せる。

強いカードは4。

 

・クリスタルメモリー

4コスト

シールドトリガー

山札から好きなカードを相手に見せずに手札に加えられる

 

実質シールド確認するマン。

山札を見ることによって、手札等と照らし合わせてシールドの中身を確認する事ができる。

天門等をよく使っている人には周知の小技だ。

以前wikipediaにも紹介された。(ウソだお

 

好きなカードを持ってくる事ができるので、基本的にはフェアリーホールや、次元の超越等を、状況に応じて持ってくる。

また、シールドトリガーも持っているので、トリガーしてそのままハヤブサマルを持ってくる場合もある。

基本いつ引いても強く、正直2億枚ぐらい入れたい。

だが、もしもクリスタルメモリーを2億枚も入れたら、審判の方にジャッジをもらってしまう。

怒られたらすぐ凹む系の現代っ子です。

安定を求めて3。

 

・運命の導き

5コスト

2枚ドローする

スペルブースト コストを−1する

 

初手に手札にあったら思わず発狂しそうなレベルで強いカード。

最大0マナまでコストを減らす事が出来、0マナで2ドローは正直過去例を見ない強さ。

また、素で唱えるとしても、あまり重くはなく安心して唱える事ができる。

普通はガールズジャーニーがこの枠に入っている事が多く、確かにシールドトリガーは強いと思う。

だが、コスト−1のスペルブーストがそれを余りある強さを持っているので、僕は運命の導きをガールズジャーニーの枠に入れている。

初手に必ず引きたいので、3。

 

・エターナルトラップ
5コスト
シールドトリガー
選んだ文明の敵クリーチャーは、次の自分のターンの初めまで、相手プレイヤーを殴れない

最近は、単色環境から多色環境へと移り変わっていっており、前に比べて使用率が減っているカード。
それでも強いのは折り紙付きで、実際使ってみると刺さる場面が多い。
最近は、プチョヘンザとかいうぷっちょの親戚みたいなカードにその座を奪われているが、このデッキはスペルブーストを採用しているため、呪文であるこちらのカードを選んだ。
また、スペルサイクリカとの相性はよく、アマゾンでエターナルトラップを買うと「こちらの商品を購入された方はこちらの商品も購入しております」の欄にスペルサイクリカが出てくるくらい相性バッチリだ。
あまり手札に来すぎても困るので、3。

 

・フェアリーホール

5コスト

マナを1枚増やす

自分の超次元ゾーンから、コスト7以下の自然のクリーチャー又は、コストの合計が5以下になるようにして2体まで出せる

 

スペルサイクリカとの相性が非常に良く、思わずデザイナーズコンボと叫ばざるをえない。

このカードが登場したばかりの頃は、ジャパンとかいうズンドコペロンチョなカードしか無かったため、中々陽の目を浴びる事は無かったのだが、その後の勝利のガイアールカイザーの登場で、一気に注目を浴びることになる。

サイキッククリーチャー欲しさに修学旅行の小遣いでこの弾のBOXを買ったのに、スーパーレアがディープパープルドラゴンしか出なかったのはいい思い出。

今思えば、あの出来事を境にして反抗期に突入したかもしれない。

多すぎても困るので、2。

 

・ドラヴィタホール

5コスト

墓地からコスト3以下の呪文を1枚回収する

自分の超次元ゾーンから、コスト7以下の光のクリーチャー又は、コストの合計が5以下になるようにして2体まで出せる

 

主にドラヴィタを出して敵を遅延する。

現環境を見ると、侵略や革命チェンジの種として勝利のガイアールカイザーを使う事が多いので、その勝利のガイアールカイザーをタップして登場させるのは非常に強い。

また、バトルに勝つとアンタップとかいうなんかスペース余ってるから適当な能力でも付けとけ的な感じで付けられた能力も、匠(ハヤブサマル)の手にかかれば、「なんということでしょう」あのただの遅延クリーチャーと化していたドラヴィタが光り輝く無敵の城塞へと姿を変えたのです。

4枚ぐらい入れたいけど、なっくす君はルールはしっかり守ります。

1。

 

・スペルサイクリカ

7コスト パワー6000

死んだら山札の1番下に行く

自分の墓地からコストが7以下の呪文を一枚唱えて、手札に加えられる。

Wブレイカー

 

現状殿堂最有力なカード。

僕自身も殿堂を恐れて2枚ほど売りさばいた。

にも関わらず、1週間後には2枚買うとかいうチンパンジーもびっくりの行動を起こすぐらい魅力的で強いカード。

呪文を多めに採用しているこのデッキとは非常に相性がよく、フェアリーホール→スペルサイクリカ→フェアリーホールの流れは、ベルトコンベアもびっくりの完璧な流れだ。

必ず引きたいが、流石に4枚はいらないかなと思ったので、3。

 

・ボルバルザークエクス

7コスト パワー6000

自分のマナを全てアンタップする

 

自分のマナを全てアンタップするマン。

見た通りの強さで、登場してすぐにキリコ等の環境デッキにまるで数年前からそこにいましたよ的な顔で居た図々しいカード。

よほど性格が捻くれていたのかどうかを知るのは運営のみなのだが、登場してすぐに殿堂入りした記憶がある。

まだ中学生だった僕は、SNS等の情報サイトを見れるはずもなく、なけなしのお小遣いをはたいてようやく4枚目を殿堂入り1週間前にゲットした。

今でもバインダーの中に4枚揃えて置いてあり、そのページを開くたびに自分の犯してきた罪と向かい合っている。

殿堂してるので1。

 

・不敗のダイハードリュウセイ

8コスト パワー 8000

自分のドラゴンが攻撃するとき相手のシールドを1枚焼く

自分がゲームに負けるとき、このクリーチャーを破壊すればそのターン負けない

Wブレイカー

 

GPの商品に指定されることによって当分の殿堂を免れたふぁっきんカード。

負けないって何?

思わず辞書で敗北という字を調べたくなるほどの理不尽な効果を持つカード。

本来はフルメタルレモンにしか与えられていない能力だったのだが、主人公補正で、ぽっと出のカードがこの効果を持ってしまった。

また、自分のドラゴンが攻撃するとき相手のシールドを焼くこともできる。

お前はシールドを焼かずに肌でも焼いてろと思わずツッコミを入れたくなるのだが、これが味方になったら心強い。

例えるなら、ワンピースでロビンが麦わらの一味に入るぐらい心強い。

ちなみに僕の1番好きなキャラは、「うまるちゃん」の切絵ちゃんです。

切絵ちゃんは2。

 

・メテオライトリュウセイ

8コスト パワー9500

登場時、相手のクリーチャーを全てタップする

他の自分のクリーチャー全てにスピードアタッカーを与える

Wブレイカー

 

登場するだけで相手のブロッカーを無に帰すことができる白凰泣かせのカード。

また、自分の他のクリーチャー全てにスピードアタッカーを与えることが出来るので、次元の超越無しでもタイムラグをなくすことが出来る。

だが、ここで次元の超越を否定すれば、このブログそもそもの存在意義を否定することになるので、そこは目をつぶろう。

あまり入れすぎても困るので、2。

 

・必勝の頂カイザー刃鬼

11コスト パワー 14000

召喚時、相手のシールドの数だけガチンコジャッジし、勝った数だけ、山札以外からハンターを出すことが出来る

Tブレイカー

 

このデッキのフィニッシャー。

基本的には、このカードを使うところにゴールを定めている。

大体ガチンコジャッジは強い意志で3回ぐらい勝てるので、それで適当にハンタークリーチャーを出して、相手をボッコボコにする。

また、無色というところもあり、ピクシーライフで回収できるというのも強い。

強いて弱い部分を挙げるならば、名前がいちいち刃牙って打った後に牙の部分を消して鬼と打たなければいけない所。

マジで修正お願いします、タ◯ラトミーさん。

強いカードは2。

 

・次元の超越

18コスト

このターンの後にもう一回自分のターンを行う

スペルブースト コスト−1

 

このデッキの切り札でありメインカード

後半引いた時の弱さは異常だが、初手に引いた時の強さも異常である。

ハンデスには気をつけなければいけないので、相手がランダムハンデスを使ってきたときは、親指と人差し指の間で強く挟むことをオススメする。

ジェニー等の確定ハンデスの場合は、ものすごく悲しそうな表情をして、相手に選びにくくさせよう。

 

また、このカードはコストが非常に高いので、刃鬼でのガチンコジャッジ時強い。

3枚は入れすぎな気もするが、初手に絶対引きたいので3。

 

【デッキの回し方】

基本的には普通の刃鬼デッキと同じです。

 

2ターン目 マナ加速

3ターン目 マナ加速orカードサーチ

4ターン目 マナ加速orドロー

5ターン目 相手の場に応じて判断する

6〜9ターン目 刃鬼や超越を唱えてフィニッシュまで持っていく

10ターン目 相手は死ぬ

 

大雑把に書いたら、大体こんな感じです。

序盤はマナ加速や盤面の制圧を行っていき、伸びたマナからコストの下がった次元の超越や、刃鬼をプレイして相手をひき殺します。

 

序盤からどんどん呪文をプレイ出来るので、超越から強引に刃鬼に持っていくのも強いと思います。

 

最後に1つだけ、プレイングにおいてのアドバイスをさせていただくならば、デュエルマスターズでファイアーチェイン、運命の導き、次元の超越は使えません。

 

ルールを守って楽しく遊びましょう。

 

絶対デュエマ‼︎

 

【まとめ】

この度はクソみたいなブログを書いてしまい申し訳ありませんでした。

いろいろな所から怒られそうです。

再度お詫び申し上げます。

このブログを書いた理由としては、超越刃鬼の語呂があまりに良すぎて、自分の中だけに留めておくことができなくなったので、書いてしまいました。

どうか、ザコがほざいていると思って、温かい目で見てもらえることを祈ります。

最後になりましたが、こんなクソブログを最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

 

あっ、後超越1枚しか持ってないので満足に超越ウィッチ出来てないです。

 

終わり