読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっくすブログ

コメントしっかりと読んでます。

自然単ライフコントロールt博多

デュエルマスターズ

僕の家庭では、親が早く仕事に行くというのもあり、毎日お昼のお弁当を作ってくださっているのですが、先日いつもの様に感謝の気持ちを込めながらお昼を食べようとお弁当箱を開けたら、おかずがプチトマトしかありませんでした。

 

どうも、ビタミンC摂取系男子なっくすです。

 

前回のブログから大分日にちが経ちましたね。

お久しぶりです。

 

最初の頃は、毎日投稿を続けるんだと言っていたのですが、気づけば平均月に8〜9くらいの投稿になっていました。

 

これが本当の月9ですね。(笑う音

 

この調子で行くと、どこぞやのオリンピックみたいに4年に1回ぐらいの投稿になると思うので、その時はよろしくお願いします。

 

どうも、なっくすです。

 

今回は、デュエルマスターズについてのブログを書きたいと思います。

 

安心して下さい。

しっかりと#dm_blogのタグが付けれる様な奴なので、このブログの向こう側にいる小さい子も安心して見られる様になっています。

 

すべてのニーズに応えられる様に日々精進しております。(セイユーかよ!

 

セイユーかよ!ってツッコミが聞こえてきたところで 、話を戻すのですが、皆さんデュエルマスターズにおいて1番大事な事はなんだと思いますか?

 

パワー?

手札?

能力?

コストパフォーマンス?

 

 

どれも違います。

 

こんな甘ったるい回答をしている様では、地元のヤンキー達に「ウンコ野郎」って馬鹿にされてしまいます。

 

小学生の頃ならまだしも、高校生、大学生になってウンコ野郎と呼ばれるのは流石にキツイと思います。

 

僕はさっきから何を言っているんだろう?

 

久しぶりのブログで少し緊張しているんですかね?

 

ここで僕がいつも緊張した時に唱える呪文を皆様にもお教えしたいと思います。

 

 

「おっぱい」

 

 

どうも、なっくすです。

 

話を戻します。

 

僕は、デュエルマスターズにおいて1番大事な事はマナ加速だと思うんです。

 

例えば、手札にどんなに強いカードがあったとしてもそれを出すためのマナが無ければただのウンコ野郎になってしまいます。

 

また、もし自分の手札が0枚でピンチでも、マナが沢山あれば次のドローで強いカードを引いて逆転できるかもしれません。

 

デッキを組むときだって、皆さんはどの文明を軸にして組みますか?

 

 大丈夫です。

 

言わなくても僕の心にはちゃんと伝わってます。

 

 

そうです。自然文明ですよね。(威圧

f:id:gamenituite:20160818015245j:image

 

たいていの場合は、早めにマナを伸ばして強いカードを投げるのが強いです。

 

皆さん、伝令サタンとかいう生成コスト4000位のちょっと強そうな名前だけど使ってみると案外弱くね系デッキに理不尽されたことありませんか?

 

まだこちらのPPが4位なのに、サタン出されたことありませんか?

 

こっちが必死に黙示録等で場を枯らし続けたのに、トップでサタンを引かれて携帯の画面を割りそうになったことありませんか?

 

僕はあります。

 

早くサタン死んで欲しいですね。(過激派

 

 

なので今回は、そんなデュエルマスターズにおいて1番大事な要素をしっかりと親身に受け止めて構築した初心者〜上級者を問わない素晴らしいエクセレントなデッキを紹介したいと思います。

 

それでは行きます。

 

 

 

【自然単フェアリーライフコントロールt博多】

f:id:gamenituite:20160818000718j:image

 

どうですか?

凄くエクセレントじゃないですか?

マナカーブとか最高にグレイトでエクセレントじゃないですか?

多分2コストの所だけ限界突破してると思います。

 

卍解してソウルなソサエティにでも行きそうですね。

 

話が逸れ申しました。

そろそろデッキ解説に行きたいと思います。

 

それでは聞いて下さい。なっくすで、「デッキ解説」

 

【デッキ解説】

 

⚪︎フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに置く

 

お芽々がぽっこり〜 雪からにょっきり〜

ー春の歌

 

 

主に初動。

最近の高速化してきた環境において、シールドトリガーを持っており、かつ自分のマナを伸ばしてくれる強いカード。

主に前半に使う事が多いのだが、最近増えてきているドロマー相手の場合は、フェアリーライフ使用後の2枚ハンデスや、バトウショルダーでの妨害が来る恐れがあるので、使うかどうかは注意しなければならない。

 

また、このデッキにおいては、後半においても役割があり、トップで引いても積極的にマナを加速させることをオススメする。

 

フレーバーテキストにおいても、非常に強く、なんとお芽々がぽっこり〜雪からにょっきり〜するらしい。

とてもいいメロディで、聞いていてとても落ち着く。

今度カラオケに行ったとき探してみようと思う。

多分「春の歌」で調べれば出てくると思う。

強いカードは4。

 

◯フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く

 

2秒で咲いてね!

 

 

このカードもこのデッキにおいては主に初動として使われる。

基本的には先ほど述べたフェアリーライフと同じ使い方をするのだが、強いて差別化をするなら、こちらのフェアリーライフは主に手札から唱えることを勧めたい。

理由としては、特にないのだが、個人的に手札から唱えてあげたい絵柄をしているからである。

 

また、フレーバーテキストに関しても非常に優秀で、2秒で咲いてね!と書いてある。

もしも知らない人と一緒の個室に閉じ込められてしまった場合でも、この「2秒で咲いてね!」のフレーバーテキストを読めば、大体「流石に無理!」って返ってきて、仲を深める事ができるかもしれない。

 

昔テレビで見たのだが、外国の方と仲良くなる1番早い方法は下ネタを言うことらしい。

下ネタは万国共通ってコトなんだね。

チンコがぽっこり〜ケツからにょっきり〜

すいません。反省してます。

強いカードは4。

 

◯フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

➕1マナ

 

※カードを作るときはこんな風に紙に書いてテストしています

 

 

主に初動として使われることが多い。

シールドからトリガーして唱える場合も多く、基本的にゲームにおいて腐ることが少ない。

2ターン目に唱えてマナを加速させるのもいいし、10ターン目まで待って、5枚一気に使うのもまた趣があって面白い。

きっと紫式部も気にいるだろう。

 

このカードは全体的に白が多めに採用されているため、これを見に纏い、太陽等の強い日差しを避けるのにも最適だ。

夏の日差しを避けながらフェアリーライフを使えるなんて一石二鳥ですごいお得に感じる。

 

また、下の方に書いてある、「カードを作るときはこんな風に紙に書いてテストしています。」の文字も子供が書いたみたいで非常に可愛らしく、見ていて凄く癒しを感じる。

 

癒しだけで言えば、正直橋本環奈にも劣らないと思う。

 

まさかフェアリーライフを見て橋本環奈を連想する日が来るとは思ってもいなかった。

橋本環奈バンザイ。

橋本環奈は4。

 

◯フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに置く

 

妖精たちは、アウトレイジの求める自由のために、協力することを決めた

 

 

勘の鋭い方にはすでにばれているかもしれないが、あえて言わせてもらおう。

主に初動として使うことが多い。

中盤においても、他に使うカードが無ければためらいなく使う。

基本的には引いた瞬間に使うことが多いのだが、デュエルマスターズだって生き物である。

その場その場において判断をしなければならない。

状況に応じて使うか使わないか判断しよう。

不用意にこのカードを使ってしまい、ガンヴィートを覚醒させてしまったりしたら、一気にピンチに陥ってしまう。

このデッキには基本的に除去カードが入っていないので、ガンヴィートといえどたったその一枚で一気にゲームをエンドまで持って行かれるかもしれない。

ジエンドになる前に、しっかりと考えよう。

考えることで人は成長する。

フェアリーライフにしっかりと感謝をしよう。

フェアリーライフ様、成長させてくれてありがとうございます。

圧倒的感謝の4。

 

◯フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く

 

まだ芽生えたばかりの革命の力。だが、この一歩が、世界を変える大きな力となる

 

 

主に2ターン目には引いておきたいカード。

もちろん1ターン目に引いておけるなら引いておくに越したことはないが、最低ラインとして、2ターン目を目安にしている。

3ターン目でもギリギリ許容できる範囲なのだが、流石に4ターン目はキツイ。

もしも4ターン目に引いた場合は、そのまま負けにつながる事が多いので、注意しよう。

しかし、デュエルマスターズは最後まで何が起きるかわからないので、しっかり最後まで諦めずに戦おう。

もしかしたら急なルール変更で、フェアリーライフが墓地に10枚以上あれば、自分はゲームに勝てるとかに変更されるかもしれない。

諦めたらそこで試合終了ってどこぞやのスラムでダンクな先生も言ってました。

勝利の秘訣は諦めないこと。

安定を取って2。

 

◯フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに置く。

 

楽しいデュエルになりそうだね!イエイ!

ーバケツマン

 

 

自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置くことができる神カード。

最近のDMPは、マナを逆に置いたり、ゲーム中のシャカパチなど、相手を不快に思わせる行動を取る人が多いと聞いている。

 

そんな現代なのに、わざわざテキストに、「自分のマナゾーンに置く。」という天皇陛下もビックリな丁寧な言葉遣いでしっかりと書いてある。

しかも、この「マナゾーンに置く。」には、丁寧に、正しい向きでという意味も込められており、現代の子供達に不足している相手の心を読み取る技術も学ばせてくれる。

まさにデュエルマスターズは人生の教科書である。

デュエルマスターズをしながら国語の勉強もできる。

 

なんて素晴らしいんだろう。

フェアリーライフに敬礼!

強いカードは4。

あとバケツマン可愛い。

 

◯フェアリーライフ 3−1マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに置く

 

アウトレイジですら守るルールがある。それは、最初の一歩を大事にするということ

 

 

銀色に光り輝くホイルカード。

見ているだけで、僕の邪悪に満ちた心が浄化されていく気がする。

このカードの前ではどんな嘘も見破られてしまう。

 

お母さん、ごめんなさい。

プチトマトだけじゃ足りなかったんで、冷蔵庫に入ってた餃子勝手に作って食べました。

餃子食べたの僕じゃ無いって言い張ってたんですけと、食べたの僕です。

ごめんなさい。

 

ずっと心に突っかかっていたモヤモヤがやっと晴れた気がした。

多分明日はいいことがあると思う。

今僕はお腹を壊してトイレで下痢をしています。

 

このフェアリーライフのおかげでずっと心に突っかかっていた物が取れた気がします。

18歳 男性

 

ありがとう、フェアリーライフ。

 

あっ、そういえば吉田くんのベイブレードのカセット間違って売ってしまってたよ。

てへぺろ

強いカードは4。

 

◯フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目を、マナゾーンに置く。

 

踏み出そうよ、その一歩を!わたしがいつだってついてるから!

 

 

このデッキのメインフィニッシャー。

基本的には、初手で引いた場合でも、使わずに手札に温存しておくことが多い。

もし、自分の手札がこのカード1枚になってしまっても、使わずにキープしておくこともある。

このカードを序盤に使ってマナを加速するより、手札に温存してひたすら鑑賞する方が、圧倒的に強く、見ているだけで勇気が湧いてくる。

 

「フェアリーライフでシールドをブレイク!」

 

「フェアリーライフでブロック!」

 

勇気があれば何でも出来る気がしてきた。

今度ジャニーズに応募してみようと思います。

 

また、もしもこのフェアリーライフがハンデスされてしまったら、全力でキレましょう。

プレイが中断されて、ジャッジの判断で、たまに時間を戻せます。

 

フェアリーライフは実質タイムマシンだった?

 

人類の夢、叶いました。

タイムマシンは3。

 

◯フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目を、マナゾーンに置く

 

 

今まで紹介してきたフェアリーライフの中で唯一フレーバーテキストにが無いカード。

にも関わらず、それを補うほどの強いイラストを持っており、地味に隠れファンが多いカード。

僕もこのフェアリーライフは好きで、ストレージにあったら思わず固めて前の方に置いてしまう。

 

家を探したら4枚ぐらい出てくると思ったのだが、どんなに探しても3枚しか出てこなかった。

しかし副産物としてアダムスキーが2枚出てきたから、実質このフェアリーライフはアダムスキーなのかも知れない。

 

このフェアリーライフの隠された能力に気付いてしまった。

僕は明日運営の手によって消されているかも知れない。

アダムスキーは3。

 

◯フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに置く

 

歌う妖精。フェアリーいい曲。全部いい曲。たくさん聞いて、大きく育て

 

 

シャドウバースのやり過ぎなのかも知れないが、正直フェアリーと聞いて、殺意しかわかない。

エンシェントエルフって何ですか?

リノセウスって何ですか?

何でこっちライフ12も守護もあるのに、1ターンキルされるんですか?

おかしく無いですか?

チートですか?

お願いなんで、エルフからフェアリー取り上げてください。

あとついでに乙姫もロイヤルから取り上げてください。

 

やったね、なっくす君!

ここでシャドウバースに関する事を書くことによってそろそろこのブログに飽きてきているシャドウバースオタクを連れ戻すことが出来るよ!

 

シャドウバースって面白いよね?

強いカードは2。

 

◯フェアリーライフ 2マナ

S・トリガー

自分の山札の上から1枚目を、マスターズに置く。

 

日本三景厳島は広島の宝じゃけーのー。

 

博多はうまいもんたくさんあるとよ。だから、こげん豊かに芽生えたとよ!

 

浪速はフェアリーも猛虎魂に溢れてるんやで!

 

ほら、チャキチャキマナふやすぜ、べらぼうめ!

 

こげな寒いとこでも、祭りも芽生えもあるっちゃよ。

 

おみゃーら、どえりゃー戦略みたってちょ。このエビフリャーも期待しとるでね。

 

 

フレーバーテキストをダイジェストでお送りしてみました。

どうですか?

僕は最後のエビフリャーぐらいしかよく分かりませんでした。

多分エビフライの事だと思うので、エビフライで話を広げて行ってみたいと思います。

エビフライって皆さん何を付けて食べますか?

僕はタルタルソースです。

終わり

 

余り話が広がりませんでした。

当初の予定だと、エビフライから話を広げて、舌の肥えた美食家達をこのブログの読者に取り込もうと思ったのですが、甘かったです。

スピードワゴン井戸田潤ぐらい甘かったです。

エビフライは6。

 

【デッキの回し方】

基本的には、

1ターン目 

2ターン目 フェアリーライフ使用

3ターン目 フェアリーライフ2枚使用

4ターン目 フェアリーライフ3枚使用

5ターン目 フェアリーライフ使用

6ターン目 以下略

 

な感じで動きます。

たまに相手に応じて手札をキープしたりする事もあるのですが、基本的にはこの動きを目標にして動きます。

 

このデッキの長所は、40枚全てがフェアリーライフとなっていますので、速攻等の殴るデッキに対してシールドトリガーしやすく、有利にゲームを運ぶことができます。

 

また、動きが単純で、初心者の方にも扱いやすい構築となっていますので、誰でも扱えるというのもこのデッキの特徴の1つです。

 

デッキのカラーが単色なため、最近流行りのマナロックが効かないという点も、非常に強力ですね。

 

短所としましてはまず、ナンバーナインやスペルデルフィン等の相手の呪文を封じる系のカードに弱い点があります。

特にシャッフに関しましては、このデッキのコスト帯が、2に固まっていることから、毎ターン全く動くことが出来ずにそのまま負けてしまいます。

そうならないためにも、相手の引きに直接干渉出来るデスカット(相手のデッキをカットする際に、相手が本来引きたいカードを引きにくくする技術。)は習得しておくことをオススメします。

 

また、このデッキはフィニッシャーと呼べるほどのカードが入っておらず、ゲームに勝つことが出来ないという短所があります。

しかし、そんなこのデッキにも、必勝法があります。

 

それは、相手のデッキ切れです。

 

なので、もし先行後攻を選ぶ権利が自分にあったら、迷わず先行と言いましょう。

少しでも自分の山札を削らないようにして、貪欲に勝ちを狙いに行きましょう。

もしも、相手がこちらのシールドをブレイクして、勝とうとしてきた場合には、手段は問いません。

大外刈りからの袈裟固めで、物理的に勝ちを狙いに行きましょう。

先に喉を潰せばジャッジも呼ばれることはありません。

非常に簡単ですね。

 

しっかりとこのデッキについて理解していただけましたでしょうか?

このデッキを使えば、絶対に事故る事はないので、快適なデュエルマスターズライフを送れると思います。

また、絵柄は違えど種類は一緒なので、CS等のデッキリストを書く場合でも、1行だけで済むので非常に楽です。

強いて1つ気をつける事を挙げるならば、それは同名カードは4枚までしか入れられないというルールです。

ですが、むしろここまで来たら逆に許されそうな気もするので、いっそこちらから申告してみるのもいいかもしれません。

ノリのいいジャッジの方なら、もしかしたら許してくれるかもしれないです。

 

それでは皆さんも、自然単フェアリーライフコントロールを使って、快適なデュエマライフをお楽しみ下さい。

 

 

絶対デュエマ!

 

 

【まとめ】

お疲れ様でした。

少しでも面白いことを書こうと頑張ってたら、またも文字数が6000を超えていました。

文字も見づらいし、本当に申し訳ありませんでした。

次書くときは、もう少しまとめて読みやすい文章を書きたいと思います。

必要ならば、絵文字も使います。

 

もう伝えたいことは全部伝えましたので、そろそろ終わらせていただきます。

最後に、こんなクソみたいなブログを最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

追伸 ホイルライフなんて無かった

 

 

 

終わり。