読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっくすブログ

コメントしっかりと読んでます。

現環境から見るメタ構築

デュエルマスターズ

このブログの流れ

◯デッキ紹介

◯デッキの回し方

◯まとめ

 

 

 

君の名は。公開されましたね。

日本各地で凄い話題で、興行収入も凄いと聞きます。

僕自身も、公開して1日後に観に行きました。

 

一言で言うと、「とても凄かった」です。

もう語彙力が小学校入りたての6歳児ぐらいになるくらい凄かったです。

 

何よりRADWIMPSの歌が、場面毎に絶妙にマッチしていて、周りは感傷に浸りながら画面を見る中1人立ち上がって「ブラボォォォォオ‼︎」と叫びそうになるくらいマッチしてました。

 

特に最後の、主人公がセンター試験当日の朝に、いつもお世話になってるラグビー部の先輩の「たけし君」から一緒にカラオケ行かねと誘われたけど実は魔法少女だった主人公が、「たけし君」の姉の「たけこさん」が黒幕だった事を暴き、スペシャル必殺技を食らわせた時に流れた曲が最高に良かったです。

 

 

こんにちは、なっくすです。

久しぶりのブログで張り切りすぎちゃいました。

もう自分でもどの方向性を目指してるかが分かりません。

将来の夢は宇宙飛行士です。

 

 

ブログを読んでいる皆様、お久しぶりです。

なっくすです。

f:id:gamenituite:20160830232856j:image

前回のブログから結構経ちましたね。

 

決してブリーチを読んだり君の名は。を観に行っていたから遅くなってしまったわけではありません。

ましてや、ネタが尽きていたとかそんな事あるわけがありません。

 

ちょっと2週間ほどモンゴルで相撲をとっていました。

 

どうも、なっくすです。

そろそろブログの内容の方に入っていかないと、怖い輩の方々にすねを蹴られて脅されてしまうので、本題の方に入っていきたいと思います。

 

今回は、デュエルマスターズについて書いていきたいと思います。(ドンドンドンパフパフパフ)

 

 

さて、突然ですが最近のデュエルマスターズはどうでしょうか?

 

新たなサソリスループが発見されたり、青白サザンが勢力を誇っていたり、ループ系統が新殿堂で壊滅的被害を受けたり、ガチロボが謎の理不尽を食らったりと言ったところでしょうか?

 

環境に関しては、以前とあまり変わらずギフトが殿堂したのに、ドギラゴン剣が持ち前の圧倒的で感動的なパワーで暴力を振るっていて、それを周りがメタっているといった環境だと思います。

 

僕自身最近のデュエマはとてもいい感じに環境が回っていて、色んなデッキが活躍しやすいのかなと個人的には思います。

 

強いて何か1つ不満を言うならば、フォースアゲイン殿堂で、僕の一度も世間にお披露目していないインパクトトリガーループがドブに捨てられたことでしょうか。

 

話は戻るのですが、最近のCS等では、色々なデッキの活躍が見られます。

 

青白サザン、サソリス、イメン、ドギラゴン剣、5色ジャクポetc…

 

この様に、様々なデッキが大会等では見られるため、皆さんは大会等に出られる場合「このデッキには絶対勝てるようにするんだ!」といった風に何かしらのデッキに対してメタを貼ると思います。

 

ドギラゴン剣には、オリオティスジャッジ。

天門ループには、シャッフ。

 

この様に、どのデッキにも弱点となるカードは存在しており各DMPはそれを駆使して負けを減らして勝ちを得ていきます。

 

しかし、デュエルマスターズはルール上デッキの枚数の上限が40枚と決められており、全てのデッキに対してのメタを貼ることが出来ません。

 

なので、インターネット等の情報サイトから考察したりして、1番当たりそうなデッキに対してのメタを貼ります。

 

 

しかし、そんな低い意識で本当にいいのでしょうか?

ここである2つの疑問がなっくすを襲った。

 

 

…全てのデッキに対してのメタを貼ることは出来ないのか?

…全てのデッキに勝つ事は出来ないのか?

 

 

なっくすは気付いてしまった。

 

全てのデッキに対するメタを張って宇宙一のDMPになる事は可能であると…。

 

これは、デュエルマスターズ界においてまだ誰も辿り着いたことのないラフテル(最強DMP)を目指して日々精進をして唯一無二の絶対的存在になろうとする1人の男の物語でry(文字数

 

 

 

 

【デッキ紹介】

こんにちは、なっくすです。

最近の環境デッキ全てに対して勝ち越せそうなデッキを思い付きました。

多分ですけど凄く強いです。

どれくらい強いかというと、なでしこジャパン澤穂希のヘディングぐらい強いです。

僕自身このデッキの弱点を見つけようと、いつも考えているのですが、全くと言っていいほど見つかりません。

むしろ長所ばかり見つけてしまい、このデッキを考え付いた自分を褒めてばかりいます。

正直、このデッキはとても強いのであまり紹介はしたくないのですが、しばらく大会等に出る予定も無いので、紹介したいと思います。

1人でも、このデッキ紹介を見て、このデッキを使ってみたいなと思っていただけたら本望です。

前置きが長くなってしまいました。

申し訳ないのですが、写真が無く、リストのみの紹介となってしまうのは、ご了承ください。

それではどうぞ。

 

 

 

◎僕の考えた最強デッキ

・暴走龍5000GT ×4

・光神龍スペルデルフィン ×4

・緊縛の影バインドシャドウ ×4

・悠久を統べる者フォーエバープリンセス ×4

・不敗のダイハードリュウセイ ×4

・精霊王アルファディオス ×4

・悪魔神バロムクエイク ×4

・「修羅」の頂VANベートーベン ×4

・予言者マリエル ×1

・オリオティスジャッジ ×4

・ホーガンブラスター ×1

・ミステリーキューブ ×1

・伝説の禁断ドキンダムX ×1

 

 

◯暴走龍5000GT

コスト12 パワー12000 文明 火

スピードアタッカー

自分の墓地にあるクリーチャーの数だけコストが下がって召喚できる

登場時、バトルゾーンのサイキッククリーチャーとパワー5000以下のクリーチャーを全て破壊して、今後それらを出せない様にする

Tブレイカー

 

 

主に、ドロマーやサソリスに対してのメタカード。

出せればパワーラインの低いサソリスや、ドロマーの主な攻撃ルートであるサイキッククリーチャーを封じることが出来て、完璧に蓋を出来る。

 

また、シノビやトリガークリーチャーに対してもケアが出来、トドメを刺しに行く際も活躍してくれる。

理想的には、自分の墓地にクリーチャーを11枚ほど貯めておいて、4マナで4体出すのが理想である。

スピードアタッカーも持っているので、1ターンで相手のシールドを全て割り、トドメまで持って行くこともできる。

 

また、彼自身の能力の性質上呪文やクロスギアのシールドトリガーは防ぐ事は出来ないのだが、踏まなければ何の問題も無い。

よって彼は最強だという方程式が今成り立った。

QED、証明完了。

強いカードは4。

 

 

・光神龍スペルデルフィン

コスト9 パワー6000 文明 光

相手に手札を公開しながらのプレイを強要する

また、相手は呪文を唱えることが出来ず、相手の呪文の数×2000パワーがアップする

Wブレイカー

 

 

相手に手札を公開しながらのプレイを強要とんだど変態カード。

相手に呪文を禁止するだけじゃ飽き足らず、羞恥心も与えるという害悪極まりないカード。

別名DM界のAV男優。?

 

相手の呪文を禁止する事が出来るので、天門や5色ジャクポの核を封じる事が出来る。

また、べアフガンの進化設計図やエボリューションエッグも止める事が出来るので、2ターン目にこいつを出す事が出来れば、かなり優位に立つ事ができる。

 

また、パワーに関しても、相手の手札の呪文の数だけアップするので、パワーは実質無限。

欠点が何1つ存在しない。

タ◯ラトミーはフェアリーギフトなんて殿堂させてる暇があるなら、こっちを先に殿堂させるべきだろう。

どうしてこんな環境を破壊するカードが野放しにされてるのか些か理解に苦しむ。

呪文も止めれてパワーが無限のカードが弱いわけが無い。

強いカードは4。

 

 

・緊縛の影バインドシャドウ

コスト1 パワー1000 文明 闇

闇文明を持つカードはタップしてバトルゾーンに出させる

このカードはタップしてバトルゾーンに出す

 

 

実質リュウセイカイザー。

最近は、ドギラゴン剣が増えており、主にイーヴィルヒートや勝利のガイアールカイザーから革命チェンジされる。

しかし、そのどれも文明に闇文明を持っているため、バインドシャドウがいる限りそれらはタップしてバトルゾーンに出される。

 

また、自身もバトルゾーンにタップしてバトルゾーンに置かれるとかいうお茶目な一面もあるが、そこはご愛嬌。

リュウセイカイザーみたいなハンデス対策の能力は無いのだが、リュウセイカイザーが7コスト軽くなったと見たら、十分に上位互換だ。

 

また、コストが1ということもあり、初動の役割も果たしてくれる。

相手にブロッカーがいなければ、6ターンはかかるが相手のシールドを全て割り、トドメまで持っていく事も出来る。

強い、強すぎる。

コストが7軽くなったリュウセイカイザーが弱いわけ無いじゃ無い。

強いカードは4。

 

 

・悠久を統べる者フォーエバープリンセス

コスト8 パワー8000 文明 火自然

スピードアタッカー

相手はコストを支払わずにクリーチャーを出せない

このカードがどこからでも自分の墓地に置かれた場合、このカードを山札に加えてシャッフルする

Wブレイカー

 

 

コスト踏み倒し系デッキに対してのメタカード。

最近のデュエルマスターズは、踏み倒しという犯罪が溢れており、踏み倒しを禁止するこのカードはとてもよく刺さる。

特に刃鬼や、レッドゾーン等の8割踏み倒しをするデッキはこのカードを立てられたらどうする事もできずに、目の前が真っ暗になる。

 

また、山札破壊デッキの対策にもなっており、ヴォルグサンダーを紙束にする事もできる。

アダムスキーとかいう朝のNHKに出て来そうな名前のクリーチャーは、知らないです。

f:id:gamenituite:20160830220829j:image

無知を理由に全力で拒否してください。

 

スピードアタッカーも持っているため、終盤の詰めにも役立ちます。

例えるなら、押入れにあるセロハンテープの替えぐらい役立ちます。

以前セロハンテープで友達をぐるぐる巻きにしたら、先生に凄い怒られました。

皆さん、ミイラごっことか言って、友達をセロハンテープでぐるぐる巻きにするのは絶対にやめましょう。

セロハンテープは4。

 

 

・不敗のダイハードリュウセイ

コスト8 パワー8000 文明 火

自分のドラゴンがアタックするときに相手の盾を焼けて、自分がゲームに負ける時このカードを身代わりにして生き延びる事ができる

Wブレイカー

 

 

天門等の盾が強いデッキに対してのメタカード。

どんなに盾が強くても、焼いてしまえば問題がありません。

しかも、自分のドラゴン全てに盾焼却の能力を与えるため、ダイハードを4枚並べてガルドスで相手のシールドを4枚焼くのも夢ではありません。

 

また、このカードは現環境に対する最強のメタ能力を持っています。

 

そうです。

それは負けそうな時にこのクリーチャーを破壊すれば、このターン負けないです。

今までドギラゴン剣に3キルされてきた皆さん、もう大丈夫です。

相手が3キルしてきたら、こちらも3ターン目にこいつをバトルゾーンに出して代わりに破壊しましょう。

手段は問いません。

返しのターンでインビンシブルアビスとインビンシブルオーラを撃てば何も問題ありません。

これを繰り返してたら、自然に相手の山札が無くなり、こちらの勝ちになります。

デュエマって簡単ですね。

マナが足りないのは、気合いで埋めて下さい。

気合いがあれば何でもできるらしいです。

強いカードは4。

 

 

・精霊王アルファディオス

コスト10 パワー15500 文明 光

自分のエンジェルコマンドから進化する

全てのプレイヤーに対して光文明以外のカードの使用を禁じる

Tブレイカー

 

 

効果 勝ちって書いてある。

このクリーチャーを出せば、あらゆるデッキを全く動けなくさせて、完封してくれる。

ドギラゴン剣だろうとべアフガンだろうとドロマーだろうと何も怖く無い。

対戦相手がドギラゴン剣だと分かった瞬間に、バトルゾーンにこのカードを叩きつけよう。

そうすれば相手は何も出来なくなって、勝手に死ぬ。

 

しかし、このカードをバトルゾーンに出しても盤面をいじる事が出来ないので、そこは注意して欲しい。

 

また、最近流行っている天門ループに対しては、このカードを出しただけでは完璧に蓋をする事は出来ないので、相手の呪文を封じるスペルデルフィン等と同時に出すことをオススメする。

 

また、自分も光文明以外のカードが使えなくなってしまうとかいう天然っぷりを見せてくるのだが、何も問題は無い。

このデッキには、アルファディオスが4枚入っているので、問題なく戦える。

強いて欠点を言うならば、それは進化元がこのデッキには入っていない事だろうか。

ただ、たいていの事はおっぱいをチラ見せしたら許してもらえるので、誤差の範囲内。

結論 おっぱいは強い。

強いカードは4。

 

 

・悪魔神バロムクエイク

コスト10 パワー13000 文明 闇自然

マナ進化 自分のデーモンコマンド1体

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時デーモンコマンド以外を全て破壊する

相手がコストを支払わずにクリーチャーを出した場合、それをマナゾーンに送る

Tブレイカー

 

 

最近流行りの革命チェンジや侵略に対して蓋を出来るメタカード。

最近の環境は、コストを支払わずにクリーチャーをプレイする事が多く、踏み倒しをメタれるこのカードは非常によく刺さる。

また、革命0トリガーやシールドトリガー獣のケアもする事ができ、安全に止めまで持っていく事が出来る。

 

呪文を封じる事が出来ないという欠点はあるのだが、バロムと対になっている存在でもあるアルファディオスを一緒にプレイする事で、相手を絶望させる事が出来る。

 

また、進化の条件がマナにデーモンコマンドがあるだけでいいので、バトルゾーンに出す事が容易である点もグッド。

その出しやすさから、2ターン目バロムクエイク3ターン目アルファディオスによるロックも出来るかもしれない。

このコンボを使えば、CS優勝も待ったなしだろう。

最後に相手を絶望させる合言葉。

 

2ターン目バロムクエイク。

 

2ターン目バロムクエイク。

 

大事な事なので、2回言いました。

強いカードは4。

 

 

・「修羅」の頂VANベートーベン

コスト11 パワー14000 文明 ゼロ文明

召喚時、相手のクリーチャーを全て手札に戻す

相手は種族にコマンド、又はドラゴンとつくカードをプレイする時代わりに墓地に置く

場を離れる時、代わりに手札に戻る

Tブレイカー

 

 

今まで長い間手を替え品を替え環境に居座り続けてきたデュエマ界の重鎮。

その人気ぶりから、再録まで果たされた。

 

召喚時に、敵を全て手札に戻して、行動を制限できる。

それが例え敵が何億何京だろうと関係無い。

相手がギュウジン丸を出すんだといっぱい水文明のクリーチャーを出していようが、容赦無く出していこう。

社会に出たら積極性の無いものは蹴落とされる。

VANベートーベンは僕たちに社会の厳しさを教えてくれているのかもしれない。

 

また、場を離れる時代わりに手札に戻るとかいうグリコのおまけ的なノリで書かれているこの能力も非常に強い。

 

そしてメインである相手のクリーチャーを制限できる能力。

今の環境必ずと言っていいほど種族にコマンドかドラゴンが入っている。

メガコマンドドラゴンとかいう欲張りなクリーチャーまで存在する。

運営がこれ以上コマンド持ちを増やすのはまずいと思ったのかは分からないのだが、コマンドを取ったメガドラゴンを出してきた時は、思わず草を生やさざるを得なかった。

 

出すだけで勝てるカードが弱いはずが無いでしょう。

強いカードは4。

 

 

 ・予言者マリエル 

コスト4 パワー1000 文明 光

このクリーチャーがバトルゾーンにいる間、パワー3000以上のカードのアタックを禁じる

 

 

パワー3000以上のカードに対して縛りプレイを強制するとんだむっつりスケベカード。

基本どのデッキのパワーラインも3000を超えているため、これ1枚出すだけで殆どのビートダウンデッキを止めることができる。

主にドロマーや5Cでの採用をよく目にしており、その強さは折り紙付き。

 

また、自身のパワーが1000なので、殴る事ができる点もグッド。

しかもパワーが1000なので最近流行りの青白サザンのクルトに対して一方的にバトルに勝てる点も非常に良い。

最近はあまり流行ってはいないのだが、紅神龍オグリストヴェルや、黒神龍イゾリストヴェルに対してもバトルで勝てる点も非常に強い。

f:id:gamenituite:20160831230917j:imagef:id:gamenituite:20160831230914j:image

もしかしてマリエルは見えないテキストで、バトルで勝てるって書いてある?

4枚入れたいのだが、殿堂なため1。

 

 

・オリオティスジャッジ

コスト3 文明 光

シールドトリガー

各プレイヤーは、自身のマナゾーンにあるカードの数以上のコストを持つクリーチャーを全て山札の1番下に置く。

 

 

今のドギラゴン剣環境にぶっ刺さるカード。

そのぶっ刺さり度には黒ひげ危機一発も思わず賞賛の拍手をするレベル。

 

自らのマナを減らしながら展開をしてくるドギラゴン剣には非常によく刺さり、相手が展開後にこれを撃てば、相手の盤面は空になって、恐怖のどん底に突き落とされる。

 

また、シールドトリガーを持っているという点も非常に強く、相手が調子に乗ってドギラゴン剣展開からのブレイクでこれを踏んだ時の表情を想像するだけで思わず笑みがこぼれる。(ゲスの極み

 

1つ注意しなければならないのは、このカードの効果対象が自分も含まれているというところ。

相手の盤面を空にしたと思ったら自分の盤面も空になっていたとかじゃ笑えない。

使用する際は、しっかり説明書を読んで計画的に使いましょう。

強いカードは4。

 

 

・ホーガンブラスター

コスト5 文明 水

シールドトリガー

山札をシャッフルした後、捲ったカードがクリーチャーならタダでバトルゾーンに出し、呪文ならタダで唱えられる

 

 

効果 好きなカードになれる。

場面場面に応じて好きなカードになってくれるスーパーカード。

このカードを投入する事によって、実質全てのカードの枚数をプラス1枚してくれる。

昔はホーガンブラスターは強い奴をコストを支払わずに出す事ができるカードって思っていたのだけれど、最近やっと好きなカードになれるってことが分かった。

これが大人に近づいたって事なのだろうか?

 

捲ったっていいじゃない

人間だもの

 

みつを

 

4枚入れたいけど殿堂により妥協の1。

 

 

・ミステリーキューブ

コスト5 文明 自然

シールドトリガー

山札をシャッフルした後、捲ったカードがクリーチャーならバトルゾーンに出せる

それ以外なら、マナゾーンに置く

 

 

基本的には先ほど述べたホーガンブラスターと一緒。

唯一違う点を説明させていただくならば、それは失敗しても自分のマナを伸ばせられるという事。

 

5マナの時に失敗しても、1マナ加速出来るから次は7マナ。

6マナの時に失敗しても、1マナ加速出来るから次は8マナ。

 

この様に、捲り率100パーセントである真のデュエリストの皆様には関係ない事なのかもしれませんが、失敗しても自分のマナを1枚加速してくれます。

 

今までこのもしもの時の保険に何度助けられたか数え切れません。

そもそもこの保険制度があるという事が分かっているだけで、捲る時の心の持ち具合が違います。

 

保険は大事です。

もし怪我をした場合でも、保険に入っていれば自身の負担が少なくなります。

過去5回骨を折ってきたなっくすが言うのだから間違いはありません。

くれぐれも皆さんは、オーバーヘッドキックごっこやゴッドハンドごっこをして骨を折らない様にしましょう。

殿堂によって妥協の1。

 

 

・伝説の禁断ドキンダムX

コスト99 パワー99999 文明 火

このクリーチャーが禁断解放した時、相手のクリーチャー全てに封印を1つずつ付ける

コスト4以下の呪文に選ばれない

このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける

Tブレイカー

 

 

オールデリートをメタるためだけに入れたカード。

このデッキでは、このカードを禁断解放させる事もできずに、ただただバトルゾーンを圧迫するだけの役割を果たす。

別名デュエマ界の我が家の谷田部。

(全国の我が家の谷田部のファンさん、ごめんなさい)

 

仕事は相手がオールデリートを使ってくれた時にしか行わず、普段はバトルゾーンにインテリアとして飾られている。

しかし、デッキに入っているだけで相手に対してブラフをかける事ができるので、その点はグッド。

 

正直何がグッドなのか良く分からないのだが 、とりあえずグッジョブって言っとく。

 

グーググーグーグーグーグコーーーー‼︎

 

オールデリートを止めるために前前前世からやって来ました。(突然のRADWIMPS

どうも、ドキンダムXです。

殿堂のため1。

 

 

【デッキの回し方】

基本的には、相手に応じたメタカードをプレイしながら、勝ちを目指していきます。

何がどのデッキに有効なのかは、長くなるので、ご自身で考えてください。

さすれば汝の道開かれん。

 

また、このデッキはミステリーキューブとホーガンブラスターを採用しているため、サブルートとして5ターン目バロムクエイク等のルートもあります。

状況状況に応じて考えながらプレイしていってください。

 

大体の回し方はこんな感じになります。

分からないところは、ネットで調べるなり、さっきのカード説明に戻るなりして、探して下さい。

 

さて、ここまでこのデッキについて色々と語ってきました。

 

ですが、最後に1つだけ言わせて欲しい事があります。

 

それは、恐らくですけどこのデッキ弱いです。

(このブログの面白いオチ

 

 

 

 

【まとめ】

ここまで読んでいただいて本当にありがとうございました。

少しでも面白くしようといらない事を書いていっていたらどんどん文字数が増えていってしまいました。

お詫び申し上げます。

今回も、クソブログを書かせていただきました。

少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

 

 

後、これからの事になると思うんですけど、少しリアルの方が受験等で忙しくなる予定(はず)なので、しばらくクソブログの更新はストップすると思います。

ご理解よろしくお願い致します。

 

もし、ブログを書かせていただくとしたら、多分ネタをあまり入れずにかけるシャドウバースのブログか、適当な日常ブログを書くと思います。

 

Twitterの方は多分やっていると思うので、頑張ってセンスのあるツイートをする事を心がけたいと思います。(小並感

 

最後になりましたが、ここまでクソみたいなブログを読んでいただいてありがとうございました。

 

 

終わりんご