読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっくすブログ

Twitterやってるんでフォローして下さい。 @gamenituite

シャドウバースをし過ぎて生活習慣が乱れている人へ

最近便秘が続き、なかなかお便り(おうんちの事💩)を出すことが出来ません。

なので、バイト先の検便を提出するために、1週間前から計画を立てます。

そんな僕についたあだ名は「ルナルナ」です。

 

こんにちは、なっくすです。

お昼ご飯のカルボナーラを食べながら書いています。

 

皆さん、季節は夏も終わりいよいよ秋となってきました。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

スポーツの秋

読書の秋

食欲の秋

 

そんな誰が名付けたか分からない特に意味のわからないこの◯◯な秋シリーズ。

 

日頃からシャドウバースのオタクと化している読者の皆様。

朝起きたら布団でひたすらシャドウバース。

やっと起きてきたかと思えばお菓子片手にシャドウバース。

顔も洗わず朝ごはんも食べず、蓄積されていく糖分たち。

そして負けるランクマッチ。

イライラした貴方はストレスを解消するために再びお菓子へと手を伸ばします。

そして気づいた時には既に深夜の2時。

そして布団へレッツシャドウバース。

以下無限ループ。

 

そんなクソみたいなニート生活を皆様送ってらっしゃいませんか?

 

シャドウバースをしているからと勝手に理由付けをしてぶくぶく太っていっている方いらっしゃいませんか?

 

 

今回は、そんなクソみたいな生活をしてぶくぶく太っていっている方のためのブログを書きたいと思います。

 

このブログを読んでいただければ、「シャドウバースをしながら痩せてJKにモテモテのイケメン体型になりたい!」、「シャドウバース界の福士蒼汰に俺はなる!」と言った夢のような話が実現できるかもしれません(ただし個人差はあります

 

でもそんないい話あるわけないよ…

 

 

いや、あるんです!

そんないい話がコ⤴︎コ⤵︎にあるんです。

 

僕が教える通りにやれば全員が優勝です。?

 

さぁ、ブログの前のみんなも僕と一緒にそのクレイゴーレム体系からアルカード体系になろう!

f:id:gamenituite:20161010092804p:image

 

 

アルカード体型になる方法】

こんにちは、なっくすです。

さて、大層にアルカード体型になろうとか言ってしまったのですが、その方法はいたってシンプルです。

 

 

そうです。

 

 

筋トレ です。

 

 

ランクマッチをやりながら相手のターン中に筋トレをします。

しかし、ただ筋トレをするだけではおそらく効果は出ません。

各クラスによって適した筋トレがあります。

 

なので今回は、現環境で猛威を振るっている(ランクマッチでのデッキタイプ)、ロイヤル、エルフ、ビショップ、ウィッチ戦に適した筋トレを紹介していきたいと思います。

 

 

 

【ロイヤル編】

f:id:gamenituite:20161010092528p:image

最初はロイヤル編です。

序盤から低コストフォロワーをぽこぽこ並べていき、ひたすらフェイスを殴ってくるデッキです。

 

序盤から手札をホイホイ使って来るので息切れを狙って対処しに行っても、アドバンスブレーダーやメイドリーダーなどのロイヤルガイジ(過激派)によって手札を消費する事なく殴って来るあのクソデッキです。

最近だとコントロールロイヤルとかいうアンチエルフのデッキタイプも存在しますね。

本当、朝目が覚めるたびに第一声が「はぁ〜、ロイヤル死んでくれないかなぁ〜」になってしまうぐらい煩わしいです。

 

しかし、フェイスロイヤルだろうとコントロールロイヤルだろうと、序盤から低コストフォロワーを並べて盤面を制圧しに来るという点では変わりが無いので、今回はそこに注目して筋トレをしていきたいと思います。

 

基本ロイヤル戦では、相手は序盤は手札にある出せるカードを出すだけなので待ち時間が非常に短いです。

強いていうならば、メイドリーダーを出すかランサー辺りを出すかで迷うぐらいかと思います。

なので、こちらも序盤はなるべく早く出来る筋トレをしていきます。

それがこちらです。

 

f:id:gamenituite:20161010080125j:image

ダンベル上げです。

なるべく重めの物を1〜3回程度持ち上げます。

これなら相手のターン中に行う事ができ、自分のターンに差し支えもありません。

それなのに上腕二頭筋が鍛えられてしまう。

完璧ですね。

シャドウバースをしながら筋肉を鍛えられる。

決まりました。

優勝です。

 

 

【エルフ】

f:id:gamenituite:20161010092522p:image

次はエルフです。

最近は主に冥府エルフとテンポエルフとその混合タイプの3種類に分かれていると思います。

 

冥府エルフは序盤からフェアリーサークルなどの1枚で手札を2枚増やすカードを使って運命→冥府に繋げたり、と最強エンシェントエルフで盤面を制圧したりします。

 

テンポエルフも、大体の動きは冥府エルフと一緒なのですが、序盤から盤面を並べていき、5〜6コスト帯でリンシア、風神でパンプアップして来る点で差別化されています。

 

冥府テンポエルフはテンポエルフの風神などが抜けてその枠に運命、冥府を入れた感じになっています。

 

そしてこの3つのデッキの共通点は、後半長考をしやすいという所です。

なので、今回はその穴を攻めていきたいと思います。

 

まず最初に、大前提として相手の序盤の猛攻を耐えないといけないという程がございますので、ある程度守備が硬めのデッキを選ぶところから始まります。

なので、基本的にアグロ系統のデッキはあまりオススメ出来ません。

コントロール系のデッキをオススメします。

 

デッキを選べば次は戦い方です。

基本的に3つのどのデッキタイプでも、序盤は最強エンシェントエルフを作ることを目標にして動いて来ます。

もし最強エンシェントエルフが出されてしかもそれが倒さなければ、そのまま負けに繋がる事が多いです。

なので、こちらは積極的に有利トレード、又は相打ちを狙ってトレードしていきます。

 

また、エルフには最強戦車のリノセウスもいるので、後半相手のワンキル射程圏内に入らないように 体力を保つというのも、兼ねています。

 

エンジェルバレッジが打てるタイミングがあれば、迷わず撃ちましょう。

僕は、大体2体以上倒せる時は迷わず撃ちます。

特にベビーエルフメイを2体倒せた時の喜びは何物にも変えられません。

例えるならば、ヒーローショーの参加型の企画で、ステージに呼ばれたときくらい嬉しいです。

 

そして、序盤のエンシェントエルフ合戦を凌いだら、後はこっちの時間です。

 

相手は俗に言うリノセウス算や、いかにして墓地を溜めるかについてひたすら考えているので、90秒丸々考えてくれる事も多々あります。

なので、今回は少し長めの筋トレをしていきたいと思います。

 

f:id:gamenituite:20161010082019j:image

 

体幹トレーニングです。

画像の方は、被写体様のプライバシーの関係で、一部モザイクを入れております。

ご理解お願い致します。

 

さて、この体幹トレーニング、中高生は部活等でやられた方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

肘とつま先で、画像のような姿勢で立ちます。

 

写真を見る風には、意外と簡単そうで、「なんだよこれ、馬みたいじゃねぇか〜ハッハッハッ」などと呑気に高笑いをされている方もいらっしゃると思います。

 

ですが、この体幹トレーニング、甘く見てると痛い目を見ます。

大体初見の方は30秒続けるだけで死にそうな表情になります。

 

始める前は、まるで赤ちゃんのような無邪気な笑顔をしていたのに、終わった後は、まるで飼い犬のトシが死んだかの様なこの世の終わりみたいな表情になります。

 

僕自身、1年ほど前から、男の桃源郷であるおっぱいが出来ないかなぁと思い、毎日120秒×3セットを続けているのですが、未だにおっぱいは出来ません。

 

誰か助けてください。

来世は東京のポスト堀北真希にしてくださ〜い。

 

デデドン(唐突なオチ

 

 

【ビショップ編】

f:id:gamenituite:20161010092502p:image

 ビショップ編です。

最近だとエイラ、疾走、セラフの3種類が主に猛威を振るっています。

特にその3つの中でも、疾走型が特に多いと思われます。

理由としましては、第1に1試合の時間が短い、そして初心者が使っても雑にそして強い。

この2点がランクマッチで多く見られる要因だと思います。

 

この現環境でtier1と言っても過言では無い疾走ビショップ。

 

先ほども述べた通り、試合時間が非常に短いです。

負けるとしても勝つとしても、大体序盤にどっちに転ぶかがわかるので、1試合10分もかかりません。

 

それに加え、大体する事がコストを余らせない様に使うという単純明快な作業しか無いので、ターンも早く帰って来ます。

(ただし一部の上級者様のカウントダウンの時間を調節して全体除去や一度に攻めるなどのスーパープレイは除きます。)

 

正直どの点から見ても害悪でしかありません。

 

しかし、その疾走ビショップですが、1つ弱点があります。

 

そうです。

「マリガン選択時に悩む」です。

 

このデッキは2コスト帯のカードの種類が多く、相手によってマリガンで選ぶカードを考えなければなりません。

なので、今回はそのマリガン時に出来る空白のヘブンズタイムを利用した筋トレを紹介したいと思います。

 

 

f:id:gamenituite:20161010084003p:image

 

腹筋です。

正直この画像の青年が世界を救うために筋トレをしていようと、謎の侵略者ダークマターと戦うために筋トレをしていようと知ったことではありませんが、腹筋です。

 

多分多くの方がスポーツテストなどでやられた事があると思います。 

方法も至ってシンプルで、特に工夫もなくただの腹筋をすれば大丈夫です。

慣れて来たら、一回体を起こすたびに体を捻るなどの動作を加えたら、より効果的だと思います。

さらに慣れて来たならば、掛け声を付けましょう。

一回体を起こすたびに「リンゴンリンゴ〜ン」と言いましょう。

 

恐らくその声を聞きつけて、シャドウバースのオタク達が群がってくると思います。

すかさずラインのIDを交換して友達になりましょう。

 

するとどうでしょう。

ラインの友達一覧のアイコンが2次元絵で埋まります。

 

やったね、なっくす君。

これで今日から僕も友達多いウェイ系シャドウバースプレイヤーだ。

 

 

それと特に関係はないのですが、書く事が無かったんだ、僕のラインのアイコンにしている画像を置いておきます。

ぜひお確かめください。

f:id:gamenituite:20161010084925j:image

 

 

【ウィッチ編】

f:id:gamenituite:20161010092510p:image

来ました、ウィッチ編です。

カモですね。

 

マリガン時から超越を残すか除去を残すか時間いっぱい悩んでくれて、時間にかなり余裕ができます。

試合が始まっても1ターン目からスナイプを顔面に打つか打たないか、知恵の光を唱えるか唱えないかなど、本当時間いっぱい考えてくれます。

 

むしろ考え過ぎてタイムオーバーしてしまう事も多々あると思います。(シャドウバースあるある)

 

普段だと、「時間目一杯使ってんじゃねーよ、うんこ💩」などの暴言を吐きたくなってしまうのですが、今回に限っては圧倒的感謝です。

 

最大限時間を有効活用しましょう。

 

そして、その時間を最大限有効活用した筋トレ方法がこちらです。

 

f:id:gamenituite:20161010090848j:image

 

はい。

そうですね。

「球体の物の上に座るふりをして少し腰を浮かせながら、手をグーにした先っちょに ダンベルを乗せる」ですね。

 

この「球体の物の上に座るふりをして少し腰を浮かせながら、手をグーにした先っちょに ダンベルを乗せる」なのですが、やってみると意外に難しいです。

僕自身できたことは一度もなく、やろうと思ったことすらありません。

 

さて、この「球体の物の上に座るふりをして少し腰を浮かせながら、手をグーにした先っちょに ダンベルを乗せる」にはコツがあります。

まず、球体の物の上に座るふりをして少し腰を浮かせる部分ですが、頑張って下さい。

2年ぐらい修行をしたら出来ると思います。

コツとしてはコツコツ頑張るです。(大爆笑の音)

 

次に、手をグーにした先っちょに、ダンベルを乗せるの部分ですが、これも頑張って下さい。

いきなり20キロのダンベルを乗せても多分無理だと思うので、最初は似た様な形の鳥取でも持てばいいと思います。

f:id:gamenituite:20161010091528p:image

 

 

 

 

 

最後はなんかグダグダになってしまったのですが、とりあえず現環境で猛威を振るっている主なリーダー時の筋トレ方法について紹介させていただきました。

 

 

さぁ、ブログの前のみんなもアルカード系男子になって女の子とリンゴンリンゴンしよう!

 

 

 

後、 「球体の物の上に座るふりをして少し腰を浮かせながら、手をグーにした先っちょに ダンベルを乗せる」 って何度も言って文字数を稼いで申し訳ございませんでした。

 

 

【まとめ】

こんにちは、なっくすです。

ここまでのクソみたいな文章をわざわざ読んでいただきありがとうございました。

ですが、分かりにくいところも多々あったと思うので、簡単にまとめさせていただきます。

 

⚪︎ロイヤルはガイジ

⚪︎エルフはエンジェルバレッジに焼かれればいい

⚪︎ビショップはチート

⚪︎超越はクソ

⚪︎モテたい

 

です。

こんな感じでまとめさせていただきました。

それでは最後になるのですが、こんなクソみたいな文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。