読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっくすブログ

コメントしっかりと読んでます。

なっくす式シャッフル法

デュエルマスターズ

最近の楽しみが、レンジでチンした弁当と、お風呂と、広瀬すずしかないことに気付きました。

 

これからは強く生きます。

 

こんにちは、なっくすです。

 

今回は、シャッフルについてのブログを書いていきたいと思います。

 

最近、DM界であるシャッフル方法についての話題が取り上げられていました。

 

 

それは、ファローシャッフルです。

 

f:id:gamenituite:20161211133039p:image

 

ファローシャッフルをご存じない方に説明させていただきますと、ファローシャッフルとは、別名フェイロシャッフル・コンバインシャッフル・ウィーヴと呼ばれます。

 

ちなみに男性器はドイツ語でシュヴァンツです。

 

2つに分けたデッキの端を噛み合わせ、カードの端同士を押し付けるようにして行います。

言葉で書いても分かりにくいと思うので、詳しくはGoogle大先生の方で調べてもらった方が分かるんじゃないかと思います。

 

ファローシャッフルはカードを無作為に混ぜるという点では非常に優れているのですが、ある1つの欠点がございます。

 

それは、スリーブを痛めつけてしまうという点です。

 

「親が汗水垂らしてやっとの思いで買ってくれた大事なスリーブ」、「恋人がカードゲーム頑張ってと徹夜して毛糸で作ってくれたスリーブ」、「毎晩枕元に置いて夜のオカズにしているスリーブ」、スリーブにこもっている思い出は、カードゲームプレイヤーの数だけあると思います。

 

皆さんは、カードをシャッフルする際、どの様な方法でカードをシャッフルされますでしょうか?

 

そもそも、シャッフルとは、少しでも相手のカードをよく混ぜて事故率を高める、又は予め仕組んである不正を無くすために行われています。

 

デュエルマスターズで勝つ為には、自分のデッキを100%信頼できる構築まで練り上げ、且つ沢山の試行回数を重ねる事が必要です。

 

しかし、それ以前に相手が事故ってくれて、本来の動きが出来なければ、これ以上に越したことはありません。

 

そう言う点でも、シャッフルと言う行為は極めて重要と言え、カードゲームを行う上で必要不可欠なスキルだと僕は思います。

 

今回は、僕が考える、良いと思うシャッフル方法をいくつかご紹介させていただきたいと思います。

 

 

【ウォッシュシャッフル】

 

カードを机に広げ、手でかき混ぜていくシャッフル方法です。

麻雀はやったことは無いのですが、麻雀や神経衰弱お行う時によく使われる方法だと思います。

 

f:id:gamenituite:20161211121949j:image

 

規則性のない混ぜ方が出来るので、上手くカードを混ぜることが出来るかと思います。

 

また、大勢でゲームを行なっている時は、みんなで混ぜることが出来る為、わいわい楽しく出来、コミュニケーションを図ることも出来るかもしれません。

 

また、もしも女性とこれを行なっていた場合は、シャッフルを行なっている最中に手と手が触れ合ってしまい、それを境に結婚をすると言う、「ウォッシュシャッフル婚」が流行るかもしれません。

 

しかし、デメリットとしまして、みんなでワイワイランダムにカードを混ぜる為、カードの上下が逆さまになってしまうことが多々あるかと思います。

 

上下を強く重んじる、タロット占い等の場面では、これは有効なのかもしれませんが、スリーブと日夜共に過ごし、毎晩のオカズにされている方なら「ふざけんな、僕の◯◯たんを逆さまにするプレイなんて許さない!」と怒られるかもしれません。

 

その場合は、潔く謝り、その場を後にしましょう。

 

大人な対応で、女の子のハートを釘付けだ‼︎

 

 

 

 

横浜F・マリノスフォーメーション並べ】

 

このシャッフル方法は、横浜F・マリノスのフォーメーションを参考に考案させていただきました。

 

f:id:gamenituite:20161211123207p:imagef:id:gamenituite:20161211123216j:image

 

これにより、4ー2ー3ー1という布陣を築くことが出来、攻めから守りまで、バランスの取れた試合展開が運べると思います。

 

また、お好みで4ー4ー2と中盤に重みを置いた布陣や、1ー9という尖った布陣にしてみるのも面白いかもしれません。

 

その辺は、各々が見る相手によって変わってくると思うので、お任せします。

 

これからは、もしかしたらシャッフルによって勝敗が決まる時代が来るかもしれませんね。

 

 

絶対デュエマ‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

 

 

 

 

【隠れミッキー並べ】

 

次に紹介させて頂くのは、隠れミッキー並べです。

 

皆さん、隠れミッキーはご存じでしょうか?

 

隠れミッキーとはあのかの有名な夢の国で行われている企画で、地面から天井へと様々な所にミッキーが隠れています。

 

普段男の子と2人でいる時は、

 

「へい!」

「やぁ!」

「ウェェェェイ‼︎‼︎‼︎」

 

と全知全能神でも理解できないような会話でも成り立つのですが、女の子と2人でデートをしている時などではそれは通用しません。

 

しかし、会話に詰まった時でも、隠れミッキーを見つける事で、2人のテンションは上がり、どんなに面白くない事でも思わず笑ってしまうような空気が出来上がってしまいます。

 

なので、今回はこれを参考にしたシャッフル方法を考案してみました。

 

f:id:gamenituite:20161211123618j:image

 

思わず「あっ、ミッキーみっけー!」というクソ寒いギャグを言ってしまいそうになる程、隠れミッキーです。

 

どこからどう見てもミッキーな為、対戦中に相手が、「あっ、ミッキーみっけー!」と言ってくるかもしれません。

 

その時は、対戦相手と仲良くなるチャンス‼︎

 

自分も「見つかっちゃったー!」と笑いながら2人で手と手を取り合い、ワルツを踊りましょう。

 

すると緊張感が漂う大会会場でも、みんながワルツを踊り始め、店内のBGMは千本桜から、おしゃれな洋風の音楽へと切り替わり、オタク達が手と手を取り合い、ワルツを踊り合うと言う地獄絵図が完成すると思います。

 

 



都道府県並べ】

今回は、都道府県を参考にしたシャッフル案を考案して見ました。

f:id:gamenituite:20161211130332j:image

また、気を利かせて地方別にスリーブを変えて色分けして見ました。

これによって、まだ都道府県を覚えてない小学生や、センター試験を控えている受験生でも、シャッフルをしながら、都道府県を覚えることが出来、一石二鳥です。

完璧ですね。

全国の「シャッフルしたいけど、勉強しなきゃだからな〜」という受験生待望の、都道府県を勉強しながらシャッフルが出来るという叶うことのなかった夢がとうとう叶うことが出来ました。

小学生の頃から夢みてたノーベル賞もいよいよ視野に入ってきました。

もしもノーベル賞を獲得したら、そのお金で毎日家でパーリィを開き、シャンペンを開きたいと思います。

ちなみに、スリーブ別にデッキ内容を紹介させていただくと、

俺のターンスリーブ→5色蒼龍ブラスター
白スリーブ→緑単サソリス
黒スリーブ→白緑GOD
茶色スリーブ→白単ドラゴン
ドラゴンジョーカースリーブ→連続ファイアーバード
紫スリーブ→5色ドミティウス
青スリーブ→墓地ソ
リュウセイスリーブ→黒緑速攻
覇→覇

です。


ちなみにこのシャッフルを行うコツは、沖縄を「覇」にする事です。



 

 

トランプタワー並べ】

 

トランプタワーを参考にして、シャッフル方法を考案して見ました。

 

皆さんトランプタワーは好きですか?

 

トランプタワーとは、トランプを東京タワーみたいに並べて行き、達成感を味わう為のものです。

 

また、これを作る時は多大なる集中力が必要となる為、シャッフルをしながら、集中力が鍛えられるかもしれません。

 

言葉だけでは分かりにくいと思うので、今回は実際の作業風景を、図にして見ました。

 

1、カードを用意する

f:id:gamenituite:20161211125629j:image

 

2、うまく積み上げていく

f:id:gamenituite:20161211125644j:image

 

3、完成

f:id:gamenituite:20161211124922j:image

 

4、ウガァァァァァァァ‼︎

f:id:gamenituite:20161211125840j:image

 

5、ウガァァァァァァァァァァァア‼︎

f:id:gamenituite:20161211134059j:image

 

終わり。

 

 

 

 

 

【まとめ】

今回は、最近何かと話題になっている、シャッフルについてブログを書いて見ました。

 

僕は今までシャッフルを行う時は、なるべく相手を待たせないために早めのシャッフルを行なっていたのですが、これからはマナーを守りつつも、しっかりとシャッフルをしようと改めて考えさせられました。

 

このブログを機に、シャッフルに対して考えてもらえたら幸いです。

 

それでは最後になりましたが、こんなクソみたいなブログを最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 


ちなみに男性器はドイツ語でシュヴァンツです。

 

 

 

 

 

終わり。